マイリストに追加

和書>マルチメディアオーディオブック文芸怪談

オーディオブック 耳無し芳一の話

オーディオブック 耳無し芳一の話


発行: アイ文庫
朗読: 相原麻理衣
レーベル: アイ文庫オーディオブック シリーズ: アイ文庫プレミアム朗読
価格:1,500pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 小泉 八雲(こいずみ やくも)
 1850〜1904
 パトリック・ラフカディオ・ハーン。1850(嘉永三)年6月27日、ギリシャのレフカダ島で、ギリシャ駐留中のイギリス軍軍医、チャ−ルス・ブッシュ・ハ−ンとギリシャ人の母の間に生まれる。まもなく父母は離婚し母と生別、7歳で父が病没。伯母にひきとられフランス、イギリスで育つが学校で遊戯中に左眼を負傷、失明。伯母の破産後は放浪の末19歳でアメリカへ渡り、ジャーナリストに。1890年、来日。島根県松江で小泉節(せつ)と知り合い、生涯の伴侶となる。松江、熊本、神戸で教鞭をとるほか旺盛に文筆活動。この間、日本に帰化、名を小泉八雲と改める。1896年東京帝大教授、1904年早稲田大教授となるが、狭心症の発作により同年9月26日没。著書に「知られざる日本の面影」「日本瞥見記」「怪談」「神国日本」など。

解説

【アイ文庫プレミアム朗読シリーズ】
 赤間ヶ関の阿弥陀寺に寄宿する若き琵琶法師、芳一はあまりにみごとなその語りのために妖しき者たちに魅入られる。平家物語を語ってほしいと請われ、武士とおぼしき者に導かれていった先は立派な屋敷で、雅な者たちが高貴な方にかしづいていた、はずだったが……。あまりに有名な小泉八雲の怪談を、いまのりにのっている相原麻理衣が語ります。


【朗読者について】
 この物語の朗読を二年前から温めてきたという相原麻理衣。収録直前に一部本を書き換えられながらもほぼ完璧な収録をおこないました。目の見えない芳一の物語は朗読で聞くのにまさにうってつけ。低く抑えた声音と独特の間がおどろおどろしさをかもし出し、すばらしい作品に仕上がりました。


【アイ文庫について】
 プロによる高品質な文芸朗読作品を制作しているアイ文庫。朗読を音声による芸術表現として捉え、演劇的な要素が特徴の朗読で魅せるアーティスト集団です。
 小説家・音楽家の水城雄がプロデューサーを務め、朗読授業やワークショップ、ライブ活動にも力を入れています。
◆制作:アイ文庫/ホームページ http://ibunko.com/
◆編集:ジューシーラボ/ホームページ http://www.juicylab.com/


※ この作品は2本の音声データ(43分48秒)のみで構成されています。テキストなどは収録しておりませんので、あらかじめご了承ください。


本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。