マイリストに追加

和書>マルチメディアオーディオブック文芸時代小説

オーディオブック 半七捕物帳「お化け師匠」

オーディオブック 半七捕物帳「お化け師匠」


発行: アイ文庫
朗読: 川本知枝
レーベル: アイ文庫オーディオブック シリーズ: 半七捕物帳(朗読)
価格:600pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 岡本 綺堂(おかもと きどう)
 1872〜1939
 1872(明治5)年、東京高輪にイギリス公使館に勤める元御家人の長男として生まれる。新聞記者のかたわら、二世市川左団次に書いた『維新前後』(1908年)、『修禅寺物語』(1911年)など、新歌舞伎を代表する劇作家としても有名。主な著書に『半七捕物帳』『箕輪心中』『ゆず湯』『両国の秋』など。幼い頃から歌舞伎に親しむとともに、父の影響で英語にも堪能で、シャーロック・ホームズを原著で読み、半七捕物帳の構想を得たといわれる。1939(昭和14)年没。

解説

 鬼のように養女の若師匠をこきつかい死なせた踊りの師匠、水木歌女寿が、若師匠の一周忌に蛇に巻き殺された!? 若師匠の呪いだとささやきあう住人たち。だが、半七は……? 幕末の江戸を舞台に、人情にゃ篤いがクールな知性派・“江戸のホームズ”半七親分が大活躍! アイ文庫初登場の声優・川本知枝が半七に初挑戦。しっとりと聞かせます。


【アイ文庫について】
 プロによる高品質な文芸朗読作品を制作しているアイ文庫。朗読を音声による芸術表現として捉え、演劇的な要素が特徴の朗読で魅せるアーティスト集団です。
 小説家・音楽家の水城雄がプロデューサーを務め、朗読授業やワークショップ、ライブ活動にも力を入れています。
◆制作:アイ文庫/ホームページ http://ibunko.com/
◆編集:ジューシーラボ/ホームページ http://www.juicylab.com/


※ この作品は4本の音声データ(57分40秒)のみで構成されています。テキストなどは収録しておりませんので、あらかじめご了承ください。


本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。