マイリストに追加

和書>マルチメディアオーディオブック文芸時代小説

オーディオブック 右門捕物帖「なぞの八卦見」

オーディオブック 右門捕物帖「なぞの八卦見」


発行: アイ文庫
朗読: 相原麻理衣
レーベル: アイ文庫オーディオブック シリーズ: 右門捕物帖(朗読)
価格:950pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 佐々木 味津三(ささき みつぞう)
 1896〜1934
 1896(明治29)年3月18日、愛知県北設楽郡下津具村(津具村字見出15番地)に生まれる。本名光三。愛知一中(現県立旭丘高校)、明治大学政経学科卒業。総合雑誌「大観」の記者となり、『地主の長男』(1926)など純文学で注目されるようになるが、生活のため1926(大正15)年頃から大衆文学に転向する。代表作に『右門捕物帖』『旗本退屈男』。『右門捕物帖』が嵐寛寿郎、『旗本退屈男』が市川右太衛門で映画化され人気を博す。1934(昭和9)年2月6日死去。享年37歳。

解説

 戦前、嵐寛寿郎主演の映画で一世を風靡した「むっつり右門」が朗読で登場!
 無口(とはいうものの喋るときはすごく喋る)でふだんは目立たないが、実はめっぽう腕の立つ同心・近藤右門が、怪奇な事件を鮮やかに解く! 役に立つやら立たないやら、おしゃべり屋の岡っ引き・伝六を従え、ライバル同心を蹴散らして、元禄の江戸を右門がゆく!
 むっつり右門第六番手柄は「なぞの八卦見」事件。某藩の祐筆であった浪人が、占い師の不吉な予言どおりの時刻に狂死。その娘である利発な少女・お静は、継母の折檻に耐えながら父の死に疑問を抱いていた。けなげな娘の訴えに、色男・右門が腰をあげる。あだな女スリ・くし巻きお由を使い、仕掛けた罠とは? 美男美女が入り乱れての元禄絵巻!


【朗読者について】
 夏目漱石「坊ちゃん」全編を読みきったのを皮切りに、歯切れとテンポの良い読みといえばこの人、相原麻理衣。大衆に支持された娯楽作品を、往年の連続ラジオ小説のような痛快さで読んでいます。声に出して読むには少々難しい原作を、流れを作って力技で聞かせるあたり、実力派の面目躍如といったところ。


【アイ文庫について】
 プロによる高品質な文芸朗読作品を制作しているアイ文庫。朗読を音声による芸術表現として捉え、演劇的な要素が特徴の朗読で魅せるアーティスト集団です。
 小説家・音楽家の水城雄がプロデューサーを務め、朗読授業やワークショップ、ライブ活動にも力を入れています。


※ この作品は3本の音声データ(67分30秒)のみで構成されています。テキストなどは収録しておりませんので、あらかじめご了承ください。


本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。