マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌恋愛実用恋愛心理学

恋愛運を上げる方法1―運命の人と結婚できる―

恋愛運を上げる方法1―運命の人と結婚できる―


発行: インタープレイ
シリーズ: 植西聡の「運命の恋愛」シリーズ
価格:300pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 植西 聡(うえにし さとる)
 1947〜
 東京都生まれ。学習院大学卒。在学中に産業心理学、行動科学、潜在心理学、深層心理学等の研究に従事。
 資生堂に入社し、サラリーマン生活を体験。1982年、同社を退職して(株)ウィーグルを設立。
 1986年頃から上智大学等で学んできた「心理学」「心理療法」に自他の体験から得た「人生哲学」を加えた独自の理論『成心学』を体系化し、その考えの元にカウンセリング活動を展開。1995年、労働大臣認定資格「産業カウンセラー」を取得。
 『言いにくいことをズバリいう法』(小学館)『完全版・マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社)『OLのためのマーフィー成功法則』(ダイヤモンド社)『運命の人と出会う法』『運命的に出会う赤い糸の神秘』『結婚が決まる出会いの神秘』(以上、ウィーグル研究所)など、著書多数。

解説

 運命の人との出会いには、必ず偶然といわれる現象がともなう。
 本書は、多くの体験談をもとにして、「運命的な出会いはどういう形で起きてくるのか」について、その神秘的な謎を解き明かす。

目次

●まえがき


●第1章 運命の結婚で幸せになれる


 運命の人とは波長の合う人
 運命の人同士の愛は永遠
 運命の人と理想の人とは違う
 運命の結婚で自分らしく生きられる
 求めるだけでは離婚につながる
 条件をはずすと運命の人が見えてくる


●第2章 運命的な出会いの神秘


 シンクロニシティ現象とは
 運命の人とは偶然の一致点が多い
 運命の人とは共通点が多い
 過去の運命の出会いは再現する
 正夢は潜在意で結ばれている
 直感がひらめくのは運命の出会いである
 運命の人同士は直感の波長が一致する
 友人が結婚すると可能性が出てくる
 親しい友人同士は同じ体験をする
 感動する所が同じである運命の出会い
 時代を超えて起きる偶然の一致
 友人、知人関係同士がつながっている
 運命の出会いが起きる数字の魔術
 偶然の一致を創り出す
 シンクロニシティを考えると偶然が起きる
 小さい行動が運命を創る
 出会った瞬間に火花が散る
 ラブストーリーにみる運命の出会い
 シンクロニシティの分類


●第3章 運命的な出会いを起こす法


 運命は自分で創り出す
 願望を強く想念する
 シンクロニシティ活用法
  1 場の活用法
  2 時の活用法
  3 数字の活用法
  4 共通の活用法
  5 夢の活用法
  6 ツキの活用法
 宇宙銀行へ預金をする
  1 笑顔で接する
  2 ほめること
  3 感謝すること
 自然な行動を心がける

抄録

“運命の人”とは波長の合う人
 あなたは結婚についてどのような願望をお持ちでしょうか?
 もちろん結婚後は幸せでバラ色に輝く家庭生活をすることは誰にとっても夢であると思います。そしてそれ以前、もしあなたに相手のパートナーが現れていないのなら、まず素敵な結婚パートナーと出会うというのが一つの願望でしょう。
 それでは男性なら誰でもよいのでしょうか。あなたはそれは当然違うといわれるでしょう。あなたなりに「こんな男性と巡り合いたい」と思っていることでしょう。そしてその男性とはあなたに幸福をもたらしてくれる相手であるのではないでしょうか。私は、愛し合って結婚し、あの後の生活がますます幸福になっていく、お互いが高め合って成長していき1+1=2ではなく3にも4にもなっていくようなパートナーを「運命の人」と名付けました。運命の人とは自分にとって最高の結婚間であり、お互いに完全に波長の合う相手であります。
 ● 愛の波長……お互いに愛し合う
 ● 直感の波長……お互いにピーンとくる
 ● 感情の波長……同じ所に感動する
 ● 感覚の波長……お互いに好みが同じ
 ● 思考の波長……人生観、価値観が合う
 これらの事を意味しています。そして運命の人とは私達が意識できない所(潜在意識)で運命の赤い糸によってしっかりと結ばれております。そして一度出会ったなら、永遠の愛がめばえ、永遠の幸せが得られる、ということになります。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。