マイリストに追加

和書>マルチメディアオーディオブック文芸名作小説

オーディオブック 高瀬舟

オーディオブック 高瀬舟


発行: アイ文庫
朗読: 渡部龍朗
レーベル: アイ文庫オーディオブック
価格:550pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 森 鴎外(もり おうがい)
 1862〜1992
 1862(文久2)年1月19日、石見国鹿足郡津和野町(現・島根県鹿足郡津和野町)横堀に、代々津和野藩亀井家の典医の家に生まれる。本名は林太郎。10歳で父に従い上京、12歳で第一大学区医学校(現・東大医学部)予科に入学、19歳で医学校卒業後、両親の意に従い陸軍軍医となる。1884(明治17)年から5年間(22〜26歳)ドイツに留学し衛生学などを学ぶ。「舞姫」のモデル・エリスとの恋愛事件は有名。その後陸軍軍医総監へと上り詰めるが、意欲的に創作にとりくみ、ドイツ時代の経験が映る『舞姫』『うたかたの記』『文づかひ』『ヰタ・セクスアリス』をはじめ、明治天皇崩御、乃木殉死を契機に歴史小説、晩年には史伝文学という新しい分野を開いた。軍医総監陸軍省医務局長として激務をこなしながら、子どもたちへ深い愛情を注ぎ、また嫁姑の確執で妻と母との間に立って悩むなど、人間鴎外の姿には現代人の親近感を誘う面も。代表作に『高瀬舟』『阿部一族』など。1922(大正11)年7月9日没。長女・森茉莉は作家、次女・小堀杏奴は随想家として活躍した。

解説

 遠島になる罪人を、大阪へ送る高瀬舟。罪人の護送の役目についた同心・羽田は、その日の罪人・喜助の穏やかな様子を不審に思う。話を聞いてみると、弟殺しの罪を犯した喜助は罪を苦にしていなかった。そればかりか、遠島の罪人に渡される銅銭200文を喜んでいるのだった。安楽死について深く考えさせられる名作。


【朗読者について】
 宮沢賢治作品の朗読でおなじみの渡部龍朗が、森鴎外作品のなかでも有名な本作に挑戦しています。学生時代に読み込んだ作品を、数年を経て改めて読むにあたり、彼なりに解釈や表現に深化を見せたようです。落ち着いて厳かな空気感が漂うような朗読をお聞き下さい。


【アイ文庫について】
 プロによる高品質な文芸朗読作品を制作しているアイ文庫。朗読を音声による芸術表現として捉え、演劇的な要素が特徴の朗読で魅せるアーティスト集団です。小説家・音楽家の水城雄がプロデューサーを務め、朗読授業やワークショップ、ライブ活動にも力を入れています。
◆制作:アイ文庫
◆編集:ジューシーラボ


※ この作品は1本の音声データ(41分18秒)のみで構成されています。テキストなどは収録しておりませんので、あらかじめご了承ください。


本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。