マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ガールズラブ小説

オトメ文庫 恋の予感!?

オトメ文庫 恋の予感!?


発行: マリクロ
レーベル: オトメ文庫
価格:200pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 蒼衣 らみ(あおい らみ)
 福島県生まれ。取材記者などを経て執筆活動に入る。

解説

 高2のわたし、高倉巡(めぐる)は女子ハンドボール部のキャプテン。放課後、同じ高校の1年・山田美斗(みと)から突然コクられ超ビックリ!! どうしてわたしなの!? 性格はしっかりしてるけど、胸だってそこそこのBカップ。好きな男子だっているっていうのに……。コクってきた山田美斗は運動神経ゼロ、思い込み激しそうなちょっと危ないタイプ。案の定、追っかけみたいにつきまとわれ、うっとーしい! だけど、ひょんなことから……。女の子同士、恋の予感!?

抄録

 翌朝、学校に着いて教室に向かおうとすると、山田美斗があらわれた。
「メグ先輩、おはようございます!」
 首をかしげ、にっこりと笑う。きのうはあんなに恥ずかしそうだったのに、なんだか妙に堂々としてる。
 それに、登校してきたばかりで出くわすなんて、タイミングよすぎない?
「ひょっとしてさ……あたしのこと、待ってた?」
 おそるおそる訊《たず》ねると、
「はい、待ってました! 先輩の顔、見たかったから」
 山田美斗はためらいなく笑みをあふれさせた。チョコを渡したことで弾みがついちゃったみたいだ。
「手紙、読んでくれましたか?」
「あ、うん。読んだ」
「きゃあぁぁ、うれしいッ!」
 からだをよじって喜ぶさまは、怖いくらい無邪気。この世がコミックだったら、彼女のまわりにはゴージャスなバラの花やお星さまが描かれることだろう。
 そういうのが好きならいいけど、わたしは苦手なクチ。逃げるようにその場を離れた。
 でも、逃げてもムダだった。この日から、山田美斗はしょっちゅうわたしの前に出没するようになったのだ。
 一年生が上級生のクラスに来るのってけっこう勇気がいることだと思う。なのに、昼休みわたしのクラスに来てなかをのぞき、目が合うと満面の笑みで手を振っていく。おかげで男子にまで冷やかされるありさまだ。
 朝のお出迎えはもちろん、放課後は体育館のギャラリーにあらわれ、練習を見つめている。
 ろうかで出くわそうものなら、駆け寄ってきて、「これから音楽の授業なんですぅ」とか「購買部のパン、何が好きですか。わたしはタマゴパン!」なんて、どーでもいいことをしゃべりだす。
 こっちが適当に返事をしていることや、はやくその場を切りあげようとしていることに、全然気づいていないらしい。その証拠に、いつだって山田美斗は目をキラキラさせている。
「じゃあ、放課後、部活見にいきますね」
 ろうかで出くわし、うれしそうに去っていく山田美斗を見送りながら、香苗がしみじみとつぶやいた。
「あの子、けなげにメグのこと思ってるよなあ。痛々しいくらいだよ」
「痛々しい? 意味わかんないこと言うなよ、コラ。こっちはけっこうしんどいんだぞ」
 嫌いとまでは思わない。でも、まとわりつかれるのは正直うっとーしい。わたしのため息は深くなるばかりだ。


 山田美斗に気をとられる毎日がつづき、三月に入った。部活後、運動着をとりに部室に引き返したとき。ドアのまえで、わたしはハッと足をとめた。
 え、なに? いま、「雨宮先輩」って言わなかった?
 部室のなかで一年生たちがしゃべっている。
「それって例の彼女のこと?」
「雨宮先輩と同じ大学受けるなんて相当ラブだよね」
「それで受かっちゃうところもスゴくない?」
「執念?」
「こわっ」
「でも、一学期の面談のときは合格はゼッタイ無理って言われたらしいよ。それで雨宮先輩も協力していっしょに猛勉強したんだって」
「おっ。愛の二人三脚」
「愛は偏差値を越える」
 きゃははは、と、笑う後輩たちの声を聞きながら、わたしは静かにその場を離れた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。