マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌趣味スポーツその他

勇気と献身――ラガーメン あくなき挑戦

勇気と献身――ラガーメン あくなき挑戦


発行: ワイズネット
レーベル: 文蔵BOOKS シリーズ: 勇気と献身
価格:400pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 大友 信彦(おおとも のぶひこ)
 1962〜
 宮城県生れ。気仙沼高から早稲田大学第二文学部卒業。85年から『Number』(文藝春秋)誌上で、ラグビーや野球について執筆。その後『ラグビーマガジン』(ベースボールマガジン社)などにも執筆し、『東京中日スポーツ』のラグビー担当記者も兼務。著書に『楕円球に憑かれた男たち』『再起へのタックル』『南アからウエールズまで』(以上洋泉社刊)、『奇跡のラグビーマン 村田亙〜37歳の日本代表』(双葉社刊)、『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社刊)など。編書に『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)がある。

解説

 『勇気と献身』とは、ラグビー選手の姿勢を表した言葉でもある。トップスピードで向かってくる相手と正面から生身でぶつかる勇気。チームメイトのために自分の身体を投げ出す献身。それは、人気の面ではサッカーに遅れをとりながらもコアなファンの多さで知られているラグビーというスポーツの魅力を象徴する言葉である。選手たちの強いハートと熱いプレーは、一度魅せられたファンを掴んで離さない強い磁力を持つ。この書籍は、そんなラガーマンたちの魅力を象徴するストーリーを集めて編まれた。本書には1000字程度のショートコラムから6000字を超えるボリュームある物語まで、あるいはW杯に挑むトップ選手から国内シーンでプレイヤー生活を終えた選手まで、多様な題材を収録した。ここに紹介した物語たちを、勝利を目指すエネルギー、生きる力の湧いてくる「読むサプリメント」として、あらゆるライフシーンにおいて活用してほしい。

目次

【プロローグ】友情とビールを守れるのか?
【1】天に駆けていった豪脚「仙波優」
【2】キヨシの春「今泉清」
【3】改革と継承と「清宮克幸と同志たち」
【4】トップリーグに生き残れ「NECグリーンロケッツ」
【5】勇退「土田雅人」
【6】境地「元木由記雄」
【7】炎のタックラーたち
【8】W杯に挑む友へ「アンドリュー・マコーミック」
【9】解放「箕内拓郎」
【10】戦い終えて「アンドリュー・ミラー」

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。