マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説極道・刑事

ドーベルマンのように

ドーベルマンのように


発行: キリック
レーベル: シフォンノベルズ
価格:700pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆6
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 二條 暁男(にじょう あきお)
 温泉とエスニック料理を追いかける獅子座のA型。長野県出身だけどザザ虫もローメンも食べられないヘタレ。さいきん新潟の海岸で翡翠原石を拾ったものの、加工賃の見積もりに卒倒。仕方ないから床の間に飾ってある。

解説

 警視庁警護課所属に配属された新人SP・瀬名は、任務中に自ら招いた危険から身を挺して守ってくれた上司・藤堂に急激に惹かれていく。だが、日本へ視察に来た石油王国の皇太子・ラシードの警護を命じられた瀬名は、こともあろうにラシードから熱烈に求愛されてしまう。ワガママ皇太子に翻弄されながらも心は藤堂を想い続け……。
※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

抄録

「ずいぶんな落胆ぶりだな」
 苛ついた声が、すぐ側でした。驚いて振り返ると、ラシードが扉の脇に立っていた。
「あの男は、お前の何なのだ。まるで恋人気取りで、私に邪眼を向けおった」
 思いがけない言葉に、口の中が乾き、舌が喉の方へめくれ上がった。酔いが醒めれば、あのときの失態を反省してくれるなどと、一瞬でもでも思っていた自分が情けなくなった。
「いえ……彼は、俺の上司で、警護課第三係の係長です。今夜の俺の失態に怒っているだけで、恋人だなんて、そんなことはありません。絶対にありません」
 語尾が震える。呼吸が荒くなる。水差し台におかれた水に口をつけるが、喉を過ぎたそばから乾いていく。
「上司、か……日本人は変わっているな」
 それでラシードがちらりと視線を落とし、つられて瀬名も俯いた。藤堂に直された胸元を見られていることに気づき、カッと頬が赤くなる。
「私の国では、首に巻く布は、女が男に愛の証しとして捧げる物だ。単なる上司が、部下に与える物ではない」
「違いますッ……これは、違うんだ!」図星を指され、瀬名はたまらずに胸のあたりを押さえて叫んでいた。
 彼は瀬名から視線をそらさず、薄笑いを浮かべている。鋭い眼差しは、瀬名を怯えさせる種類の熱っぽさを含んでいた。
「正直に言え……愛する彼に、迷惑は掛けたくないだろう?」
 男はすうっと笑った。激しい語調ではないのに、深みのあるの声には従わせる力があった。
「本当に……藤堂さんは単なる上司なんです」
「でも、彼はそうは思ってない。お前のこの、美しくたおやかな首筋に触れて、自分のネクタイを巻き付けて締め上げた……」
「……ッ、何をするつもりですかッ」
 指先が、乱暴にネクタイを解き、衿から引き抜いた。
「そしてあの男自ら、私の元へ獲物を運んできた……この意味、わかるだろう?」
「……はい」
と、瀬名は呟いた。そうだった。自分は彼によって、ここに送り込まれたのだ。他ならぬ、藤堂の手で。
 たとえ何があっても、自分さえ黙っていればいいのだ。なにも喋らなければ、彼の部下でいられる……これからも。
 リビングには、天井まで高さのあるフランス窓がある。カーテンの隙間から、東京の夜景が一面に見て取れた。宝石を撒いたようなその輝きの中から、瀬名は警視庁のビルを探した。
 あの輝きのどこかに藤堂がいる。そうとでも思わなければ、叫びだしてしまいそうだった。
「ベッドに行くんだ」
 ラシードは一方の手で瀬名の肩を抱くようにして、寝室のドアを開けると、促すように見下ろした。瀬名はもう抵抗などせずに、諦めたように従った。
 ラシードの目のあたりが赤い。酔いではなく欲情しているのだとわかると、全身ががたがたと震えだした。政治の中にいるラシードは光り輝く皇太子だったが、今はたんなる獣欲を漲らせた雄に過ぎない。
 突き飛ばして逃げ出すべきだという考えが、何度も頭の中で翻る。そのたびに、胸のバッジが、重くのし掛かる。
 俺は、SPなんだ。マルタイのために命を投げ出す、忠実な犬なんだ……。
 真の絶望という物は暗褐色をしている。その絶望の濃い闇の中で、瀬名は自分の身に起こることを、まったくの他人事として眺めようと決めた。他人事だとでも思わなければ、取り乱して何をするかわからなかった。
 自分が自分でなくなってゆく。
 寝室のシャンデリアには、煌々と明かりが燈されていた。淡い白熱球を受けて、美しいドレープを描くシーツに瀬名の体を突き飛ばすと、怯えて満足に呼吸すらできない獲物のうなじを掴み、ラシードが唇を奪い取った。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。