マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラーホラー小説

渋谷呪殺堂

渋谷呪殺堂


発行: キリック
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆4
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 梅津 裕一(うめつ ゆういち)
 『妄想代理人』(原作/今敏)『闇魔術師ネフィリス』『アザゼルの鎖』(すべて角川書店・刊)など、著書多数。ダークファンタジーな世界観で読者を魅了する。

解説

 自殺した由佳の最後の手紙。そこには「一人の男を呪い殺してもらうよう、渋谷のある店に依頼してほしい」という内容の遺言が綴られていた。自称地味な女子高生の加藤瞳は、手紙に添えられた地図を頼りに、不慣れな渋谷の街へと足を運ぶ。行き先はアンティーク・ショップ「寿刹堂」。由佳によれば、そこは裏で「呪殺堂」と呼ばれる、憎い相手を呪い殺してくれる店らしい。どうせ単なる都市伝説だろうと半信半疑の瞳だったが、地図が示す路地裏の一画に、その店はあった。実は、瞳には人が死んだ場所や怨念のこもった場所を見抜く霊感がある。その感覚が「ここは絶対によくない場所だ」と拒絶する。だが、死んだ友人の無念を晴らすためと、瞳は意を決して店内に足を踏み入れる。
「いらっしゃい」
 若者とも老人とも知れぬ低い嗄れ声。振り返ると、幽鬼じみた白髪に、仮面のような無表情、そして右目だけが青い虹彩異色症《ヘテロクロミア》の瞳。そこには、一種異様な容貌と空気を持つ呪殺堂店主「水無月」がいた。水無月に底知れぬ禍々しさを感じつつも、しだいに彼の世界に引き込まれていく瞳。この男なら、本当に由佳の無念を晴らしてくれるかもしれない。そう確信した彼女は、改めて水無月に由佳の仇の呪殺を依頼する。呪いの本当の恐ろしさを、知りもせずに……。
 奇才・梅津裕一が「呪い」の真の恐怖を現代社会の闇からえぐる、異色の書き下ろしホラー!

抄録

 もう、深夜十二時は回っているはずだ。
 目の前には、古代の墓標のように、高いビルがそびえている。
 十二階建てのマンション。かつて、由佳の住んでいたところ。
 ぽつぽつと窓に光が見えるが、どの光の中にも由佳はいない。
 そのはずだ。
 なのに深夜、ここに由佳が現れるという。
 幽霊。霊魂。亡霊。
 呼び名はさまざまだが、その本質は変わらない。
 つまりは超常の存在が──夜中、この場所を彷徨《さまよ》っているという。
 由佳の霊。
 そんなモノが、本当にいるのか。
 息を吐くたびに、目の前に白い霞のようなものが生まれ、すぐに消えていく。耳が痛い。冷たいというより、痛いのだ。
 こんな凍えそうな闇の中を、由佳は彷徨っているというのか。
 マンションの周囲には、原則として住民以外立ち入り禁止のスペースが、木立に囲まれた公園のようになっている。
 瞳は、煉瓦《れんが》造りを模した階段を上り、そのスペースに足を踏み入れた。
 何台か車が停められているが、あのあたりに由佳は落ちたらしい。
 ふいに、白い人型の輪郭線の内側で、頭から血を流した由佳の姿が見えたような気がした。
 気のせいだ。幻視というほど、たいしたものではない。
 そもそも、由佳の体はもっとひどい状態だったという話だ。今、一瞬「視えた」テレビドラマで出てくるような綺麗な死体ではなく、四肢はバラバラに飛び散っていたとか……。
「なんで……死ぬ前に、相談してくれなかったの……」
 いや、今にして思えば、由佳は密かに救難信号を出していたのではないか。
 水無月は、瞳のせいではない、そう思うのは驕《おご》りだ、と言っていた。だが、そう言われても、自分になにかできることがあったのでは……という思いを断ち切れない。
 サインを見落とした。だから、由佳は死んだのか。
 その翌日、渋谷の寿刹堂に行き、呪殺を依頼してくれとの「遺書」が郵便で送られてきた。
 覚悟の自殺。
 黒い夜空にそびえるマンションの頂きを見上げる。
 由佳はブロイラーではない、空を飛ぶ鳥になれたのだろうか。
 もしそうなら、私は──。
 ふと、自分の思考に慄然とした。
 あるいは、由佳にとっては加藤瞳という人間も「ブロイラーの一羽」に見えていたのかもしれない。
 最低だと、瞳は思った。自殺した友人の友情を疑うなど。由佳は、自分を信頼してくれている。だからこそ、遺書をこの自分に送ってくれた。信用しているからこそ……。
 でも、由佳はもういない。
 難しい文学が好きだった由佳。特に、お気に入りはドストエフスキーだった。『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』を薦められたが、瞳には読破できなかった。正直に言えば、最初の数頁を捲《めく》っただけで「これは無理だ」と諦めた。
(大審問官のところがいいのよね)
 由佳の口癖だった。
 なんでも、『カラマーゾフの兄弟』という途轍もなく長い小説の中に、そんな一節があるのだという。キリスト教の愛が云々といった内容らしいが、瞳には完全に異世界の話だ。
 だが、今はドストエフスキーの文学的世界について考えている場合ではない。今は……。
 ふと、背筋がぞくりとした。
 なにか──いる。
 それは、目には見えない。手でさわることも、たぶんできない。
 それでも、目の端のほうに、かすかな光のようなものが──「人の形をして」立っている。
 肌がざわっと粟立った。首筋に氷の手で触れられたような冷気が走り、髪の毛が逆立った。
 世界から、すっと音が消えていく。いつもの「あの感覚」がやってくる。
 まるで、冷たい水で満たされた空間に、体が滑り込んでいくかのような。
 いる。
 たしかに、なにかがマンションの下をうろついている。経験則から、直視するよりも目の端のほうで捉えたほうが「それは見えやすい」のだと、瞳は知っている。
 心臓の鼓動が激しくなっていく。眩暈《めまい》に似た感覚に襲われ、呼吸もしだいに苦しくなって──。
 まずい。下手なことをすれば、憑かれる……かもしれない。
 寿刹堂の水無月は言っていた。幽霊など存在しない。オカルトなど迂闊に信じるな、と。
 だったら、これを──どう説明するのだ?
 ここには、絶対になにかいる。白い人影が、彷徨っている。
 瞳は、ひどく喉の渇きを覚えた。
 幻覚ではない。視界の端には白い、ぼんやりとした人影が、たしかに見える。体が勝手に震える。頭が痛い。あるいは、由佳の苦しみが自分に伝わってきているのか。
 由佳。
 間違いない。やはり由佳だ。ちゃんと成仏できていないのだ。まだ由佳の霊魂は──。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。