マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション文芸日本文学現代小説

毒 虫 ―どく・むし―(第一話)

毒 虫 ―どく・むし―(第一話)


発行: いるかネットブックス
シリーズ: 毒虫 ―どく・むし―
価格:150pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 月森 砂名(つきもり さな)
 能、コンテンポラリー・ダンス、バレエ、ミュージカルなど舞台を撮影するフォトグラファー。京都市美術館/東京都美術館/国立新美術館でのグループ展、シアター/カフェ/ギャラリーでの個展など、写真や布にプリントしたインスタレーション作品の発表など、精力的なアーティスト活動を展開。すべての生命に精霊が宿っているというアニミズム思想に基づく、花と女性像をモチーフにした幻想的で独創的な作風が好評。2001年よりweb上で小説withイメージ・フォトを配信して人気を博す。

解説

 ある女の悪意が形を成して『毒虫』となった。マチの浅はかな行動が、思わぬ波紋を広げてゆく。毒虫は、誰もが隠しもつわずかな心の闇をも見つけだし、ネットや通信網を介して次から次へと人の心へと潜り込んでゆく……。解毒剤はあるのか? 毒虫の辿り着く先とは? 取り憑いた媒体が「愛」や「幸せ」によって救われたとき……毒虫の運命は? 一向に衰えを見せない人々の浅ましい本音。こうして毒虫は、今日も人間界を彷徨う。
「やれやれ……」
 男と女の本音が哀しい、女と男のこぼれる官能が切ない、因果応報の物語。第1話。

抄録

 今晩は夫が出張先から帰ってくる。
 とはいっても、どうせまた午前様に決まっている。
 あと丸一日、自由な時間が満喫できるのだ。

 いつものようにカフェオレとワイドショーとブログで、朝のひとときをゆっくりと過ごす。
 午後。簡単に掃除を済ませ、歩いて10分のところにあるスーパーに買物に出掛ける。
 そして夕方は推理小説を読む。
 テレビを観ながら一人でボソボソと夕飯を食べ、ネットでもしながら夫の帰りを待つ。
 それが日課だった。

 自由な時間など、あり余っているマチだった。
 そんなとき。
 「あの人はいま…」という好奇心が、ふと頭をもたげた。
 ひょっとするとその好奇心とは、退屈から生まれた「慢心」だったのかも知れない。
 平穏であることが当たり前になると、人は「平和の池」に、つい「悪心」という小さな石を投げ入れてしまうものである。
 マチもそうだった。
 毎日同じことの繰り返し…それこそが幸せの証であることを忘れて、「昔の男」の名前を検索エンジンに入力してみたのである。
 心のどこかで、そのくだらなさにゲンナリしながらも。

 588件ヒットした。
 同姓同名の、多数の著書を執筆した学者に関するサイトがほとんどだった。
 しかし、ついに発見した。
 458件目にその男の名前を。
 それはインテリア・デザイナーとして成功したはずのその男のサイトではなく、こじんまりとしたフレンチ・レストランのサイトだった。
 どうやら男の妻は、そのレストランのオーナーを務めているらしい。
 しかも店のすべてをプロデュースし、メニューもシェフまかせにせず、時おり自らも腕を奮っている …という触込みだった。

 ――ふん、どうだか…

 「オーナー自らがプロデュース」といえば聞こえはいいが、店の内装からインテリアに至るまで、すべてが夫の手によるものであることはマチにはお見通しだった。
 「今もっとも輝いている女性」というタイトルで、雑誌に掲載されたインタビュー記事が、ホームページに紹介されていた。
 スタイリストやヘア・メイクが付いて、洗練された様子で写っている女性オーナー。
 「お優しいご主人と可愛らしいお子様二人に囲まれて、仕事に家庭に幸せ一杯の…」
 女性ライターのお決まりの社交辞令を目にしたとき、マチの心の奥でカチッと音を立ててスイッチが入った。
 と同時に、女の素顔がフラッシュバックした。

――あのときの…

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。