マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション文芸日本文学現代小説

毒 虫 ―どく・むし―(第四話)

毒 虫 ―どく・むし―(第四話)


発行: いるかネットブックス
シリーズ: 毒虫 ―どく・むし―
価格:150pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 月森 砂名(つきもり さな)
 能、コンテンポラリー・ダンス、バレエ、ミュージカルなど舞台を撮影するフォトグラファー。京都市美術館/東京都美術館/国立新美術館でのグループ展、シアター/カフェ/ギャラリーでの個展など、写真や布にプリントしたインスタレーション作品の発表など、精力的なアーティスト活動を展開。すべての生命に精霊が宿っているというアニミズム思想に基づく、花と女性像をモチーフにした幻想的で独創的な作風が好評。2001年よりweb上で小説withイメージ・フォトを配信して人気を博す。

解説

 ある女の悪意が形を成して『毒虫』となった。マチの浅はかな行動が、思わぬ波紋を広げてゆく。毒虫は、誰もが隠しもつわずかな心の闇をも見つけだし、ネットや通信網を介して次から次へと人の心へと潜り込んでゆく……。解毒剤はあるのか? 毒虫の辿り着く先とは? 取り憑いた媒体が「愛」や「幸せ」によって救われたとき……毒虫の運命は? 一向に衰えを見せない人々の浅ましい本音。こうして毒虫は、今日も人間界を彷徨う。
「やれやれ……」
 男と女の本音が哀しい、女と男のこぼれる官能が切ない、因果応報の物語。第4話。

抄録

「あの…もしもし? 聞こえてます? ねぇっ、もしもしっ! ? 」

 女友だちが電話している隙に、料理に舌鼓を打っていたミチコの箸が思わず止まった。
 レイコのしだいに高まる声が、蔵を改装した店の天井をつたい、隣の座敷まで届きそうだった。

「レイコ、どうしたの? 」
「うん…変なのよ」
「何が? 」
「うん…呻き声が聞こえる」
「何、それ」
「た・す・け〜って…って言ったみたいな」
「やだ、気持ち悪い」

 レイコの人差し指が指令を待つように、耳に当てた携帯電話の背中で拍子を刻んでいる。
 爪の先を白く塗った、フレンチ・ネイルの美しい爪。
 すらっとした長い指。
 何気なくその指の動きを見つめながら、ミチコは八寸に盛られた姫筍を齧った。
 噛みくだいた姫筍が一瞬、レイコの指であるかのような気がして、ミチコは慌ててその奇妙な妄想をビールで流し込んだ。

「ダメだわ。繋がってるんだけど…」
「もう一度かけ直してみたら? 」

 今度は一つ一つ読み上げながら番号を押す。
「ちょっと待って…。最後の番号、8じゃなくて6よ」
「え? ウソ」

 新入社員が五月病に罹る頃、先輩社員の疲労度もピークに達する。

 このところレイコもパソコンの作業が増え、かなり目を酷使していた。
 改めて名刺の裏に走り書きされた携帯の電話番号に目を通すと、今まで8だった数字がやんわりと6に変化していく。

「ったく…達筆なのか乱筆なのか…」

 携帯を耳に当て、ミチコの箸が動く先をぼんやり追っていたレイコの瞳が輝いた。
 やっと繋がったようだ。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。