マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌恋愛実用恋愛読み物

20歳を過ぎたら、ブスはあなたのせい 〜キレイ実現の最短ルート〜

20歳を過ぎたら、ブスはあなたのせい 〜キレイ実現の最短ルート〜


発行: チーコチーカ
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 三浦 天紗子(みうら あさこ)
 ライター、ブックカウンセラー。本の紹介、女性啓蒙系のネタを中心に執筆。「アンアン」などで人物インタビューを手がけるほか、「ダ・ヴィンチ」Book Watcher、「L25」ブックレビュアーを務める。著書に、『ブックセラピー』(アンドリュース・プレス)『20歳を過ぎたら、ブスはあなたのせい』(インフォバーン)『モテる女のひみつノート』(戎光祥出版)『そろそろ産まなきゃ出産タイムリミット直前調査』(阪急コミュニケーションズ)がある。

解説

 美人かブスかは生まれつきではない! 1000人女性がいれば、超絶美人は1%(もっと少ないかも)、どうにもならないブスも1%(憶測ですが)。あとの98%は美人とブスのはざまにいるんです。美人になるもならないもあなた次第。キレイをあきらめるなんてもったいないですよ。いいえ、ブスのままでいるなんてザイアクです!
 ここに登場する美人未満のちょいブスさんのエピソードは、あなたにも当てはまるところがあるはず。タイプ別に美人への近道教えます。ビバ! 美人!!

目次

まえがき
各章に入る前に

Chapter 1
美への孤軍奮闘が、無駄な努力になっていませんか?
 〜「人真似」「ダイエット」「ナチュラル志向」を履き違えない!
 【人真似ブスさん】「似てる」と言われたその日から女優の後追いに夢中
 【ダイエットブスさん】「痩せたいの」が口グセだけどホントのキレイは二の次に
 【ナチュラル絶対主義ブスさん】目指すはナチュラルな美しさ。自然派絶対の信奉が、なぜか美貌をくすませて……

Chapter 2
思い込みで美人の幅を狭めていませんか?
 〜「これでいい」と頑固でいると、美人が目減りする
 【ギャル系ブスさん】若くてカワイイだけが女の武器でしょ。でも内心は焦りでいっぱい
 【ありのままブスさん】「私はそこそこの美人」という安心感から、どこか垢抜けない
 【戦闘モードブスさん】最先端の服でおしゃれセレブ気どり、気合いはいいけれど………
 【マイルールブスさん】ゴーイングマイウェイで作るオシャレの小世界
 【そこそこ止まりブスさん】女友達だけで世界が完結、それなりに楽しいからキレイになれない

Chapter 3
「ちょいブス」に気づいてますか?
 〜 ホントはイマイチ…自覚症状がない人は美人になれない
 【あきらめモードブスさん】自ら平凡のレッテルに甘んじて、フツーの殻に閉じこもる
 【色気レスなブスさん】「彼氏いない歴23年」がアダ。美貌と色気が涸れていくい
 【目ヂカラ0%ブスさん】何をやっても「どうせ私は…」のいじけゴコロ。チャンスの芽を自分でつぶす
 【気配り下手ブスさん】言葉遣いも態度も横柄。どんなシーンでも気が利かないこと、この上なし
 【モテ自慢ブスさん】街のナンパまでモテていると勘違い。周囲からは安く見られて冷たい視線……

Chapter 4
ブランドものとのつき合い方を知っていますか?
 〜あなたはブランド品狂い? アンチブランド派? ブランド品とどうつき合っているかで、あなたをブスにしているものが見えてきます
 【ブランド品狂いブスさん】目指すはシロガネーゼ。ブランドものを持っていれば、ひとまずそれ風?
 【アンチブランドブスさん】徹底してブランドにNO! その熱いポリシーが痛い

Chapter 5
女を捨てていませんか?
〜ビジネスシーンでは女らしさをすべて捨てなきゃ!それを当たり前と思うココロがブスの壁
 【キレイ敬遠ブスさん】キャリアアップが第一。キレイになることに罪悪感さえ感じて……
 【不機嫌顔ブスさん】顔つきが暗いと言われるけれど、愛想笑いなんてしてたら疲れちゃう
 【フェロモン敵視ブスさん】キレイになることは男への媚び。メンズライクにさっぱりがモットー

あとがき

抄録

【ギャル系ブスさん】
 若くてカワイイだけが女の武器でしょ。
 でも内心は焦りでいっぱい

【相談者プロフィール】
 24歳、埼玉生まれ。テレフォンオペレーター。涼しげな一重の目元が印象的。小柄だがスタイルがいい。年下の友達とウマが合うが、「自分がいちばん若くてキレイでいたい」が本音。ファッションでは、コギャル愛用の「安カワイイ服」が好き。常に実年齢より下に見られるのが秘かに自慢でもある。


 年下の子には負けたくない!

「きょうもすごいミニねえ、私はとても着る勇気がないわ」
 また始まった、と史子は思った。史子が契約している会社には、口うるさいお局がいる。年齢は1つしか変わらないのだが、向こうは正社員という立場の違いもあって、史子にとってはうっとうしい。もっとも、彼女を除く同僚はほとんど年下で、数少ない上司もまだ30代。職場全体は気楽なムードだ。
 服装も至って自由。史子はいつも、好きな安(やす)カワカジュアルで出勤する。仲良しの年下組は「その服カワイ〜!」と褒めてくれるが、お局様からは皮肉のひとつも飛んでくる。
 史子は三姉妹の長女で、もともと年下の方が話をしていても楽しい。お昼やアフター5も、自然と、自分より年下の子たちといることが多くなる。
 職場でいちばん仲がいいのは、3歳年下の美貴である。ショッピングも美貴と一緒に渋谷や原宿を回る。彼女はおしゃれにかけては情報通。史子にとっては、流行っているお店やアイテムをいろいろ教えてくれるありがたい存在だ。
 ショッピングに行って、
「これ、史ちゃんに似合いそう」
 と、派手めのギャル服をすすめてくれるのも美貴である。
 フィッティングルームから出てきて、史子はいちおう美貴に尋ねる。
「どうかなあ?」
「いい、いい。すっごく若く見える」
 美貴にそう言われると、史子はまんざらでもない。口にはしないが、史子は25歳に手が届きそうないまでも、ギャル服を違和感なく着こなせる自信があるのだ。その反面、美貴に「若く見える」などと言われると、
〈私の方が実際は若いんだけど〉
 とチクリと釘をさされたような気もして複雑だ。美貴にはそんな他意はないのかもしれないが……。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

紙書籍初版: 2004/9/29
趣味・生活・雑誌恋愛実用恋愛読み物

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。