マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション文芸日本文学現代小説

裸形辯天

裸形辯天


発行: いるかネットブックス
価格:300pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 月森 砂名(つきもり さな)
 2001年よりweb上で連載小説+イメージ・フォトを配信。小説部門読者獲得数第一位など、人気を博す。能、バレエ、ダンス全般、ミュージカル、ストレイト・プレイ、コンサート、ライブなどおもに舞台を撮影するフォトグラファー。

解説

「鍛え上げられた美しい身体も、『ヘア』に負けるというのか? 私のヌードは単なる性欲のハケ口に過ぎないと言うの? ナメるんじゃない! それなら撮ってやろうじゃない!」
「性欲は愛とどう折り合いをつければいいの? 売春って、割りに合わないって思う」
「逃げてばかりじゃダメ。いつかは対峙しなくちゃ…ちゃんと決別しなければならない。分かってはいるのだけれど……」
 元モデルのフォトグラファー、ユキ。女子高生ミチル。そして……素性も過去も謎めいたバーのママ、薫。
 不思議な縁で、伊耶那岐島に集まった三人の女たち。人生にゆき詰まった女たちが真夏の孤島で、それぞれの想いを秘めて脱ぐ! 明らかにされる薫の悲しい過去と贖罪、そして「呪われた一族」とは? 衝撃のラストが妖しくも鮮烈なる愛の物語。

抄録

 二十一時三十六分。
 バー『ザ・ガーデン』。

 一輝はまだいるだろうか?
 売れっ子で忙しい身だ。待っている間に仕事の電話が入って、帰ってしまったかも知れない。

「いらっしゃい」
 扉を開けると店のママがすかさずカウンターの中を移動して駆け寄った。
 その姿は駆け寄るというよりスライドするといった方が正確かもしれない。いつものことながら、流れるような無駄のないエレガントな動きが、大人の女の雰囲気を醸し出していた。
「来てらっしゃるわよ」
 ママは一つしかない店の奧のテーブル席に視線を流した。
「え? 一人じゃないの?」
 いつもなら、十五人も座ればいっぱいになるカウンター席の入口付近で、一人でウィスキーのロックを飲んでいるはずだった。
「いえ、どなたかお仕事の方とご一緒みたい」
 声をひそめると、「いつものでいいの?」と注文を取った。
 その眼差しには「ただいま」と家に帰ってきた娘に投げかける、母親のまなざしと同質の温かさがあった。
 ユキがこの店に足が向くのは、そのせいかも知れない。
 もっとも。ママとは五、六歳しか年が離れていないはずだが。
 一輝が仕事関係の人間と一緒だということは、プライベートに会いたかったのではなく、以前に依頼しておいた件に違いない。
「ママ、ハーフ&ハーフにしておくわ。小さい方のグラスで」

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。