マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション歴史・時代小説一覧

直江兼続

直江兼続


発行: 学研
レーベル: 学研M文庫
価格:750pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 江宮 隆之(えみや たかゆき)
 1948〜
 山梨県生まれ。中央大学法学部卒業。1989年、『経清記』で第十三回歴史文学賞、1995年、『白磁の人』で第八回中村星湖文学賞を受賞。
 著書に、『真田幸村』『真田昌幸』『島津義弘』『直江兼続』『石田三成』『伊達政宗』『小早川隆景』『貴三郎あやつり草紙 斬奸』(学研M文庫)『密謀 十兵衛非情剣』『影法師 大江戸瓦版始末』『二人の銀河鉄道 嘉内と賢治』『母ちゃん オンマ』『沙也可』『母人形』『風のささやき』『女たちの新選組』『凍てる指』『政治的良心に従います 石橋湛山の生涯』『小西行長』『歳三奔る』など多数。

解説

 幼少より上杉謙信の養子・景勝の近習として、時に謙信の薫陶を受けて育った直江兼続。謙信亡き後、弱冠20歳にして名門上杉家の軍師となり、水魚の交わりの君主・景勝を支える。その才気に魅せられた秀吉は、陪臣ながら破格の30万石を与え、天下を任せられる者として兼続を賞賛。さらに学問への深い造詣は京の名僧をも唸らせた。常に大義を標榜し、関ヶ原前夜、家康に弾劾状を叩きつけて真向から対立した気魄をもって、戦国を鮮やかに駆け抜けた智将の生涯。

目次

第一章 初陣
第二章 決戦手取川
第三章 御館の乱
第四章 武田滅亡
第五章 本能寺
第六章 天下人秀吉
第七章 北条滅亡
第八章 唐武陣
第九章 直江状
第十章 最上攻め
第十一章 大坂の陣

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。