マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説和風

焦熱

焦熱


発行: キリック
レーベル: シフォンノベルズ
価格:700pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆4
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 ギャラリーで或る漆塗りの椀に惹きつけられた蒼。その椀を塗った船津啓悟は才能ある塗師だが、目下大きな悩みを抱えていた。そんな啓悟の刺激になればと、ギャラリーの経営者は歳の近い二人を啓悟の工房で引き合わす。しかし、蒼が啓悟とその作品にますます興味を抱くのに対して、啓悟ときたらロクに目も合わせてくれず……。ある晩、雷雨のなか再び工房を訪れた蒼を啓悟は相変わらず冷淡な態度で出迎えた。だが、激しい稲光が蒼を照らし出すや啓悟は豹変。蒼は顔をひとしきりまさぐられたかと思えば、突然口づけられ、そして「抱かせろ」と家中に引きずり込まれてしまい……!!
※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

抄録

 造り付けの下駄箱の上に本を置いた啓悟が、改めて蒼の顔を見て、なにか言おうとした。上がっていいと言われるか、帰れと言われるか、少々緊張しながら、蒼は耳を澄ました。
 ──そのとき。
 表で、ひどく明るく稲妻が光った。
 数瞬遅れて、激しい雷鳴が空をどよもした。
 再び暗くなった玄関先。雲の表面を這うような、肉食獣のうなりにも似た低い雷鳴が鳴りつづけていた。その中で、啓悟が見たことのない顔をしていることに、蒼は気がついた。
 目を見開いて、自分を凝視している。
 不思議そうな顔。少しおびえたような顔。子どもじみた好奇心に満ちた顔……。ひと言では言い表せない色をたたえて、彼は蒼を見つめていた。
 ふと、啓悟はにじり寄るようにして蒼に近づき、右手を伸ばしてきた。
 無骨な指が、そっと頬に触れた。それから、掌。
 反対側の手も伸ばされる。職人らしい手の指先が、蒼の頬についていたしずくに触れた。その瞬間、表面張力のバランスが壊れたしずくは形を失い、わずかな量の水は肌の表面を滑り落ちていった。
 啓悟の瞳はそれをじっと見つめていた。
 頬を包み込んだ右手はそのままに、啓悟の左手が、蒼の顔かたちをまさぐる。指先は耳にも触れ、頬骨のゆるい立ち上がりの角度を執拗に確かめる。
 左手が一応納得すると、今度は右手が動きだした。並べた人差し指、中指、薬指の三本の先端で、蒼の唇をなぞる。
 ぞくりとして、蒼は身をふるわした。が、拒絶の声は出さない。どうやら啓悟は、蒼という人物を見ているのではなく、蒼という造形を見ているようだから。啓悟の様子が変わってから、一度たりとも二人の視線は合っていない。
(船津さんの中で、なにかが起こってるんだろう……。それがなんであるかは俺には知るよしもないけど、邪魔しちゃ悪いよな。それに……船津さんが俺からインスピレーションを得て制作に生かしてくれたら、それはそれでうれしいって言うか、面白いし……)
 そう思うから、わずかに目を伏せて、蒼はじっとしている。大人しく触られている。
 啓悟の手は首筋へと下りていく。
 人体ならではのラインを繰り返し確かめ、濡れたTシャツの襟もとに覗く鎖骨の形を指先でなぞる。
 肉づきの薄い肩を、布地ごと掌に包み、そこからうなじへと辿っていく。
 それから。
 啓悟は改めて両手を蒼の両頬に当て、軽く挟むようにした。
 そして、相変わらず視線は合わせないまま、唐突に、唇を唇に押し当ててきた。
「!?」
 さすがの蒼も、これは予想外かつ、驚いた。慌てて、逃れようと身をよじった。
「やめっ……!?」
 けれど啓悟は蒼の拒絶を許さず、唇こそ離したが、間髪を入れずに強い力で蒼の手首をつかんだ。
「こい」
「なにす──っ、放してください!」
 喚いたことへの罰のように、腕をつかむ手に力が込められた。痛みに蒼は顔をゆがめた。
 怯んだ蒼の体を、啓悟は強引に玄関の板敷きに引きずり上げた。つかんだ腕は放さないまま、あいている手で蒼の泥だらけのサンダルを脱がせ、土間に抛《ほう》った。
「なんのつもりなんですか船津さん!?」
 蒼の詰問にも、啓悟は答えない。無言のまま、腕の痛みに体の力が抜けていく蒼の胴を無造作に抱え、無理やり家の奥へと引きずっていく。板敷きには、いつしか蒼が手を放していた蒼のシャツが残っていた。
 居間には明かりが点いていた。先日は閉め切ってあった右の部屋の襖が開いていた。小上がりになったその部屋は、ほかと違って畳敷きだった。
 その畳の上へ、啓悟は蒼を突き飛ばすようにした。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。