マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション文芸日本文学現代小説

まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒


発行: 文藝春秋
レーベル: 文春文庫 シリーズ: まほろ駅前多田便利軒
価格:556pt
形式:ドットブック形式⇒詳細 
対応端末:パソコン 
みんなの評価 ★★★★★3
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 三浦 しをん(みうら しをん)
 1976〜
 東京生まれ。2000年に長編小説『格闘する者に○(まる)』でデビュー。06年『まほろ駅前多田便利軒』で第135回直木賞を受賞。近著に『仏果を得ず』『光』など。『あやつられ文楽鑑賞』『悶絶スパイラル』など抱腹絶倒のエッセイも人気が高い。

解説

 「ここも一応、東京なんだがな」と言われてしまう“まほろ市”は、東京のはずれの大きな町だ。まほろ駅前で、ひとり便利屋を営む多田啓介のもとに、高校の同級生・行天春彦が転がりこんだ。高校時代、教室でただ1回しか口を開かなかった、ひょろ長い変人だ。ペットあずかりに子どもの塾の送迎、納屋の整理……ありふれた依頼なのに、行天が来てからは、やたらきな臭い状況に追い込まれるハメに。さて、本日のご依頼は? 多田・行天の魅力が全開の、第135回直木賞受賞作。

※ 表紙画像はダウンロードデータには付きません。

目次

〇 曽根田のばあちゃん、予言する
一 多田便利軒、繁盛中
二 行天には、謎がある
三 働く車は、満身創痍
四 走れ、便利屋
四・五 曽根田のばあちゃん、再び予言する
五 事実は、ひとつ
六 あのバス停で、また会おう

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【ドットブック形式】

.book形式の書籍をご覧いただくためには専用のブラウザソフト・T-Timeが必要になります。
T-Timeはここから無料でダウンロードできます。