マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説ファンタジー

吸血鬼のごちそう!?

吸血鬼のごちそう!?


発行: 学研
レーベル: もえぎ文庫ピュアリー シリーズ: 吸血鬼
価格:550pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 ★★★★☆4
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 加納 邑(かのう ゆう)
 5月21日生まれ。A型。牡牛座か双子座。出身地&在住地・秘密。
 吸血鬼でミミもの!! 趣味に突っ走りまくっています!! 書いていて、めちゃくちゃ楽しかった〜。

解説

 「オレ専属のエサになれ」
 高2の海はある日、蝙蝠の群れからいじめられている仔犬をひろう。仔犬は海の傷ついた指先の血を舐めたとたん、金髪の美形ヴァンパイア・夕夜に変身!! さらに食事代わりにと「とんでもない場所(!?)」から血を吸おうとしてきて……!? 超オレ様な吸血鬼王子・夕夜といフツーの高校生・海の、スリリングなヴァンパイアンラブついに開幕!!

目次

仔犬拾いました
オレ様な吸血鬼
レストラン『BLOOD(ブラッド)』
吸血鬼とのキス
胸の十字架
あとがき

抄録

「そ、そんな……っ!?」
 海は、その場にしゃがみ込みたい気分で頭を抱えた。
「どうしよう……なんか、あんな人に襲われたら、僕なんてあっという間に殺されちゃうよ。あんなふうに、まるで刀みたいな鋭い爪を持っていて、背中に蝙蝠(こうもり)の羽とかも生やしちゃっているような人……っ」
「人じゃない、紫羽は吸血鬼だろ」
「あ、そうか……吸血鬼……吸血鬼ってことは、じゃあ、僕の身体中の血を吸って、干からびさせて殺すつもりかな。うう……」
「さあ、どうだろうな」
「いつ殺しに来るの? 僕が生きていられるのはあと数日なんて言っていたけど?」
 海は抱えていた頭を離し、顔を上げて、すがるように夕夜を見上げる。
 夕夜は胸の前の腕組みを解き、呟くように言った。
「……まあ、大丈夫だ。オレがお前を守ってやる」
「え?」
 半分涙目になっていた海は、パチパチと瞬きをして彼を見上げる。
「え……えっ? それ、本当に?」
「ああ」
 パッと顔を輝かせた海に、夕夜は頷く。
 彼は腰に片手をあて、いかにも面倒くさい、というようにため息を吐いた。
「お前には借りがあるからな、仕方がない」
「借り?」
「つまり……さっきも言ったとおり、オレは、本当はお前に助けてもらう必要なんてなかったわけだが、何度か助けられてしまった、っていうことも事実だ。下等な人間にこのオレが借りを作ったままなのは嫌だから、オレがお前を紫羽から守ってやる」
「それ、本当の本当に……?」
「今はまだ本調子じゃないが、人間一人守るくらいはできるだろう」
「よ、よかった!! 吸血鬼がそんなふうに義理堅い生き物で!! ありがとう」
 海が泣き出しそうな勢いで安心していると、しかし、夕夜が口を結ぶ。
「そんなに感謝しなくていいぞ。命を助けるのは一回だけだ」
「えっ、一回だけなの!?」
 海は目を見張り、再び青くなった。
「当たり前だ、それでお前への借りを返すには充分だろう」
「じゃあ、そのあとはどうすればいいの?」
「さあな」
 不安に怯える海に、夕夜は軽く首を傾げる。
「そのあとは、紫羽がお前を殺そうがどうしようが、オレの知ったことじゃない。とにかく、あいつからお前を守るために、オレはこれからもお前の家にいる。つまり、お前が紫羽から命を狙われるその瞬間を待つわけだ。いいな?」

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。