マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説王子

天狼は宝珠に酔う<特別版>【イラスト入り】

天狼は宝珠に酔う<特別版>【イラスト入り】


発行: リブレ
レーベル: ビーボーイノベルズ
価格:900pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆22
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 浅見 茉莉(あさみ まり)
 8月20日生まれ。獅子座のAB型。出身・在住地は茨城県。

解説

 「わかるか……おまえのここが、俺の指に柔らかく絡みついてくるのが」
 匈奴の王である旋牙のもとへ楼蘭から送られた王子・景瓏は、初めての夜、強引に身体を奪われてしまう。旋牙が放つ溶けそうな熱、獣のようなセクシーな香り……何度も抱かれ快楽に酔わされる景瓏だが、旋牙の中にも激しい執着と独占欲が燃え上がり!? 野性的で精悍な帝王と、けなげで純真な王子の、不器用すぎるくらいにまっすぐなロマンス、新婚生活編つきの単行本に、未収録作品をくわえた、電子書籍だけの特別ラブバージョン!!

※ 本作品はイラスト入りです。電子書籍化して配信するにあたり一部単行本と異なる仕様がございます。

目次

天狼は宝珠に酔う
宝珠は天狼に寄り添う

抄録

「天山の麓にいた俺の元へ、おまえが長安へ発ったと知らせを寄こしたのは、誰だと思う」
 目を瞬かせる景瓏を見ながら、旋牙は杯を口に運ぶ。
 わずか五日の間に旋牙が景瓏に追いついたのは、ほとんど不休で馬を走らせてきたこともあるけれど、その前に旋牙の元へ遣わされた伝令が、高速だったことが大きい。おそらくは単于の勅令等に使われる貴重な鷹を飛ばしたのだ。
 人質交換があった程度のことで、そこまでの伝令が使われることはないし、また使える人間も限られている。
 匈奴に残っていた臣下で、それが可能だったのは──。
「……左大且渠が……?」
 そんなはずはないと思いながらも、他に考えつかず口にすると、旋牙は頷いた。
 顧説が旋牙に知らせたというのか。なぜ──。
 旋牙に長く仕え、その気性も知り尽くしている顧説だ。景瓏が連れて行かれたと知れば、その後を追う可能性を考えなかったはずがない。
「どうして……」
「爺の立場では、あの場では人質交換を受け入れるしかなかったからだろう。なにしろ連中は、楼蘭新王の名代としてやって来たのだからな。それを拒絶できるのは、対等な国の長の地位を持つ者のみ……つまり俺だけだ」
 空になった杯を小卓に戻す旋牙を、景瓏は呆然と見つめた。
 では、顧説は自分を呼び戻すつもりで、旋牙に伝令を出したのか──?
「急な出立を強いた上に、無駄足を運ばせてすまなかったと、爺からの伝言だ」
 ふっと笑った旋牙に、景瓏はゆるゆると首を振る。
「そんなこと……私は、左大且渠には厭われているとばかり……」
 顧説の尽力がなかったら、景瓏は今ここにいない。
 自分の存在のすべてが受け入れられたとは思わないけれど、感激に胸が熱くなった。
「おまえと接するようになって俺は変わったと、爺は言っていた。思慮深くなったとか、粘り強くなったとか……まあとにかく単于としていい方向に進んでいるらしい。だから今の情勢もいずれ覆せると、さほど心配してはいないようだ」
 ふいに褥に組み敷かれ、後を追うように身体の上にこぼれ落ちた金髪を、旋牙が指に絡め取る。
「俺のその原動力がおまえならば、ある意味どんな閼氏よりも得難いのかもしれないと言っていたぞ。それに、俺がけがをしたときのおまえの様子に、おまえもまた俺を心から慕っていると思ったそうだ。それを引き裂くような悪人にはなりたくない、とな」
 なめらかな感触を愉しむように唇で撫でるのを見ていると、神経が通っていないはずの毛先から疼いて痺れてくる。
 思わず手を伸ばして旋牙の肩を引き寄せ、重なってくるしっかりとした重みを味わった。
 旋牙の一文字に近い眉が、わずかに緩む。
「戻ってきたな」
「はい……」
 こめかみに触れ、瞼から鼻筋を通って頬へと唇を移動させた旋牙が、舌を伸ばして景瓏の唇に触れる。何度も擽るように舐められて、もっと欲しがる唇が訴えるように開いてしまう。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。