マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説裏稼業

セーラー服男子★学園潜入捜査

セーラー服男子★学園潜入捜査


発行: 学研
レーベル: もえぎ文庫ピュアリー
価格:550pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 ★★☆☆☆7
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 水島 忍(みずしま しのぶ)
 2月3日生まれ。みずがめ座。O型。福岡県出身。
 パピヨン(犬)の小悪魔っぷりに参ってます。イタズラっ子で甘えん坊で気まぐれ。時々、小首を左右に二度かしげて愛らしさをアピール。もう可愛くてたまらない!

解説

 見習い探偵の荻野幹也(20)。探偵事務所の所長である伯父に命じられたのは、高校への潜入捜査。女子生徒に扮して、ある生徒の素行を調査せよとのご命令だ。セーラー服に身を包み、周囲に正体がバレないかとヒヤヒヤしながら学園生活を送る幹也だったが、そんな彼に学園の美形理事長・芹澤が急接近! 身を潜めなければいけない場面に現れてはヘンな悪戯をしかけ、幹也のカラダを徹底調査!?

目次

セーラー服男子★ 学園潜入捜査
あとがき

抄録

 幹也は学園の未来について考えながら、頷いた。とはいえ、理事長と学校経営の話をしているのは、少しおかしくないだろうか。自分はただの一生徒なのに。
 それとも、気に入った生徒とは、誰とでもこんな話をするのだろうか。やはり、今ひとつ芹澤という人間のことが、幹也には理解できなかった。
 ふと、芹澤の視線が自分の足に注がれていることに、幹也は気がついた。
「あ……!」
 いつの間にかまた足を広げていた。幹也は慌てて膝を閉じる。その様子を見て、芹澤はクスッと笑った。
「お行儀がよくないようだね」
 そう言いながら、芹澤はいきなり幹也の膝に触れた。
 芹澤の手に惹かれていた幹也は、思わず飛び上がりそうになる。理想の手が自分に触れているのだ。
 動揺した幹也だったが、すぐに自分が女の子の格好をしていることに気づく。理事長が女子生徒の膝に気軽に触れてもいいものだろうか。いや、いいはずないだろう。
「セ……セクハラですよっ」
 何故だか声が裏返っている。真面目な話をしていたのに、急にこんなことをされるとは、思ってもいなかったからだ。
 しかも、紳士のような雰囲気を持っているのに。
 芹澤はニッコリと笑みを見せた。
「触っちゃいけないかな?」
「普通、女の子の膝なんて触らないものでは……」
「うーん、そうかな。でも、君の膝が開くから、つい気になってしまって」
 そう言いながら、引き続き芹澤は幹也の膝を触る。というより、撫でられている。
「あのっ、ホントに困りますから!」
 幹也はなるべく芹澤の手から離れようと、座る位置をずらす。しかし、芹澤の手はそれでも迫ってきた。
 それは冗談のようでもあり、本気のようでもあった。いや、たとえこれが冗談であっても、きっと女子生徒からはセクハラだと思われても仕方のない行為だ。
「こんなこと……誰にでもするんですか?」
「君は特別。本当に綺麗な足だね……」
 芹澤は幹也の膝から太腿へと掌を滑らせていく。
 一瞬、その手を視界に入れてしまい、幹也は思わず見とれてしまう。だが、スカートの中に手が潜り込もうとしたそのとき、正気に返って、その手を打ち払った。
「やめてください!」
 幹也は立ち上がり、彼との距離を取る。その手の届く範囲にいることが怖かったからだ。そもそも、スカートの中に触れさせるわけにはいかない。女の子でないことがバレたら、とんでもないことになる。任務は失敗だし、自分だけでなく、事務所にも所長にも迷惑をかけることになってしまう。
 それに……。
 何より芹澤の手が怖かった。危険な魅力を感じてしまう。触れられたら、なんだかその気になってしまいそうな……。
『その気』って、なんだよ……。
 幹也は自分自身にツッコミを入れた。断じて、自分にはそんな趣味はない。だいたい、芹澤も幹也が女の子だと思っているから、触ってくるのだ。幹也が本気でそれに動揺して、どうするのだろう。
 芹澤は足を組み直し、悠然と微笑んだ。
「またここに遊びにおいで」
「来るわけないでしょ!」
「さあ……それはどうかな」

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。