マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラーホラー小説

想師 上

想師 上


発行: キリック
シリーズ: 想師
価格:300pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆8
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 狂気 太郎(きょうき たろう)
 『想師』で第一回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞受賞。ほか灰崎抗名義で『殺戮の地平』(学習研究社・刊)ほか発表。

解説

 鱗のあるエイのような生き物に、燃える枯れ木のようなもの。目の前にいる異形の者たちは〈別の視点〉から見た、まぎれもない人間の姿だ。その奇怪ないでたちは彼らの性質を示していた。それは無数にある〈世界の真実〉を自分の想念により再構築したヴィジョン。視点の角度を変える技『旋視』で見ることができる。草薙遼は「想師」と呼ばれる特殊能力者だった──。
 想師として裏の仕事を請け負う草薙のところに、ある日「娘を犯して殺したヤクザをできる限り残酷に殺してほしい」との依頼が舞い込む。クソ野郎どもには死の鉄槌を下さねばならない。意識を解き放つことで、より強力な想念世界から現実に干渉できる『転視』を使い、ヤクザの組事務所に乗り込む草薙。だがそこで待っていたのは、破壊と殺戮の想師・九鬼凍刃《くきとうじん》との出会いだった。数千の死人を従える魔術師や、知識欲に魂を捧げたカバリストとの対決を経て、草薙は血塗られた宿命の相手、九鬼との世界の命運をかけた壮絶な殺し合いに挑む……。上巻。

 圧倒的な破壊と殺戮! 想像力の限界突破! 衝撃のデビュー作、ついに狂気太郎名義で電子書籍化!

※ 本書は2002年に学習研究社から発行された『想師』に若干の修正を行ったものです。

目次

第一章 想師
第二章 呪術
第三章 死者達の宴

抄録

「ひゃろおおおおおおおお」
 と、それは高い声で鳴いた。獣の脇腹が裂け、赤い血がしたたっている。俺の鉤爪がつけた傷だ。一方、噛まれた俺の左腕は、浅く血がにじむ程度だった。分厚く硬い皮膚もこんな時には役に立つ。
「どうしよう。困ったな。さっきまで大人しかったのに」
 青年がぼんやりとつぶやく。
 俺は武器になるものを探した。すぐ近くに、一メートルほどの小さな木が生えていた。蔓にも絡みつかれず真っ直ぐに伸びている。濃い茶色の樹皮は、かなり頑丈そうに見えた。澄んだ赤の葉は純粋な強さを示す。
 俺はそれを両手で掴んで引き抜いた。この場所に根を張っていたわけではないらしく、意外にあっさりと抜けた。
「ひゃるうううううううううう」
 赤い獣が再び俺目掛けて跳躍してきた。俺は木の尖った先端を獣に向け、渾身の力で突き出した。
「ぎゃぶぶぶぶ」
 硬質な木が槍となって獣の口を貫《つらぬ》いた。俺は勢いのついた獣の体重に押されたが、両足をふんばって耐えた。木が獣の内部にめり込んでいく。返り血が俺の顔にもかかる。やがて槍は胴体を突き抜け、血まみれの先端が尻から飛び出した。
 赤毛の怪物は、太い足を痙攣させながら崩れ落ちた。俺はその死体を見下ろして息をつく。
 眼鏡の青年が言った。
「江島組はすぐそこだよ」
「ありがとう。じゃあな」
 俺は簡単に礼を言い、一人で奥へと進んだ。青年は俺に手を振っていた。憎めない男だ。
 暗い赤みを増したジャングルを掻《か》き分け、すぐに平らな草地に出た。五、六メートル四方の広さで、短い草だけが灰色の地面を覆っている。
 かがみ込んで、草むらの中に目を凝らすと、小さな生き物達が見えた。
 それは、毒々しい黄と赤の混じった毛虫や、体長五センチほどの紫色の蟻や、緑色の蛇などだった。
 俺は近江の資料を探ったが、ズボンに差し込んだはずの封筒は消えていた。そもそも今の俺はズボンを履いているどころか黒い怪物だ。世界を移動する際には、しばしばこういうことが起きる。もし写真が残っていれば、その内容がこの世界での姿を写している場合もあったのだが。
 だが俺は、生き物達の中に奴らを見つけていた。
 濃い赤と緑の色彩にまみれ、草地の中心に大型の卵が転がっていた。ダチョウの卵に似て、殻はかなり硬そうだ。
 これが、江島剛だろう。あの禿げ上がった卵形の頭に一致する。視点をずらしても、ある部分は共通することが多いのだ。
 卵の周囲を、一匹の針鼠がせわしなく回っている。体表は赤と黒。特に鋭い針先は赤が濃い。
 これが、ナイフ使いの志村か。あの逆立てた髪。
 元プロレスラーの太田はといえば、卵の傍らに拳ほどの大きさの赤い石があった。その凹凸は、無表情な人間の顔にも見える。
 俺は念のため二、三分、じっと観察を続けた。ナビゲーターは現れない。つまり目的地はここなのだ。間違いない、こいつらだ。俺の直感はゴーサインを出した。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。