マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラー実話・恐怖体験

恐怖箱 老鴉瓜

恐怖箱 老鴉瓜


発行: 竹書房
シリーズ: 「超」怖い話
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆2
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 いよいよこの3人の登場である。実話怪談コンテスト【超−1】2007年度大会でトップ3に輝いた文句なしの実力派、薮蔵人こと渡部正和、ダウンまたは PONKENとしてお馴染みの鳥飼誠、そしてもりけんたこと矢内倫吾である。大会終了から1年、もちろん彼らは眠っていたわけではなかった。さらに恐ろしい話、さらに珍奇な話を着々とその懐に集め、温め、熟成させていたのである。多作かつ逸話ぞろいの彼らだが、今回はその中でもこれはちょっとハンパないというネタのみを厳選し、恐怖箱の中に投げ込んでくれた。言い換えれば、これ以上自らの懐に入れておくのは勘弁してほしいというネタでもある。それが3人分……いやはや中は大変なことになっている。何が飛び出すかわからないゆえ、蓋を開ける際はくれぐれもご用心あれ。

目次

巻頭言 箱詰め職人からのご挨拶
恐怖箱 老鴉瓜
 たくさん
 デコピン
 因業
 ヒカルちゃん
 中古ナビ
 ……他
あとがき

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。