マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションSF・ファンタジー小説ファンタジー小説

MOTHER2

MOTHER2


発行: オンライン出版
シリーズ: MOTHER
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 久美 沙織(くみ さおり)
 1959年4月30日、盛岡市生まれ。O型。上智大学文学部哲学科卒業。
 79年「水曜日の夢はとても綺麗な悪夢だった」でデビュー。集英社文庫コバルト・シリーズに、「宿なしミウ」「抱いてアンフィニ」「丘の上のミッキー」シリーズなどがある。
 また、「MOTHER」「ソーントーン・サイクル」シリーズなどSF・ファンタジーの分野でも傑作を発表。実力派作家として活躍するかたわら、小説家志望者たちの育成にも力を注いでいる。

解説

 ぼくはネス。家の裏山に隕石が落ちるまでは、赤い野球帽をかぶる普通の少年だった。でもあの夜から、ぼくと仲間たちのとんでもない冒険が始まった! 超能力を使う金髪の美少女ポーラ。メカに強い秀才ジェフ。そして神秘の国の王子プー。地球の未来を救うため、勇気と知恵と愛で巨大な敵に立ち向かう!
 糸井重里制作総指揮、帰ってきた名作RPG感動巨編オリジナル小説化!

目次

1  新しい冒険のはじまり
2  最初の試練
3  謎の教団
4  ジェフ見参!
5  史上最悪の戦い
6  ハンバーガー
7  天国に一番近い街
8  ネスの場所
9  時の裂け目を越えて
10 我が家へ

抄録

 「ふん、ではカードはよそう。……で、きみはなにを賭ける? 少なくとも、あの船と等価なものでないといけないよ」
 「ぼくの生命(いのち)を」まっすぐにトゥルーマンを見つめたまま。ジェフはためらいもなく、言いました。
 「ジェフ!!」ネスはあわてます。「そんなの、だめだよ、ジェフ!」
 「いいんだ」ジェフはネスを見もしません。
 「生命、ねぇ……」
 トゥルーマンは腕組みをし、くちびるの端に苦笑を溜め込んだまましばらく考えていましたが、やがて、身を起こし、あの黒人のひとを呼びました。手で合図して、しゃがませて、耳元に何かを囁きます。黒人は、ちょっと目を大きくしましたが、トゥルーマンがさらに何か言い募(つの)ると、黙ってうなずき、急ぎ足にどこかに行きます。
 「ジェフったら、どうしてあんなこと言うんだよ!」ネスはジェフの胸倉をつかんで揺さぶります。「きみが勇敢なのはよく知ってるよ、いまさら見せてくれなくったって」
 「そんなんじゃないんだ」
 やっと視線をあげたジェフの、この上もなく真剣な顔つきに、ネスはどきんとしました。
 「戦って勝たなくちゃ。このままじゃどうせ、ぼくは、きっと、あの船に乗れないから」
 「……どういうこと……?」
 「怖いんだ」ジェフは痛いような笑いを浮かべました。「ぼくはぼくに、ぼくもこれでも、まんざら捨てたもんじゃないと、なんとか納得させなきゃならないんだよ、ネス!」
 黒人のひとが戻ってきます。お盆の上に、透明な水を入れた、小さなグラスが六つ。
 「ロシアン・ルーレットは知ってるね」トゥルーマンがサングラスを外します。いやに色の薄い、どこを見ているのかわからないような瞳です。「このグラスのうち、どれかには、ネクロトキシンという速効性の毒が溶かし込んである。解毒剤はない。ひとつずつ交替に飲み干す。怖ければ、飲まなくていい。だが、飲まなければその時点で負けだし、もちろん、死んだら死んだやつの負けだ」
 「あなたも生命をかけると……?」ジェフが目を見張ります。
 「どうせこんな世界だからね」と、トゥルーマン。「ぼくはもう、ただの水にも飽きてしまったんだ。……さて、どうかな?」
 「わかりました」ジェフは手を伸ばし、無雑作に一番近くにあったグラスを取りあげました。
 澄んだ水のレンズごしに、トゥルーマンの緊張顔がおぼろにゆがんで見えました。海を通ってきた陽光がゆらゆらときらめいて、ネスに、あたりを不思議な美しい夢の世界のようにみせました。
 覚えがありませんか? ふと、突然、すべてがまぼろしのように見える瞬間。さっきまでと今がうまくつながらなくなる刹那。どこがどう違うと指摘することはできないけれど、なにかがちょっとひっかかる。リアルでなくなってしまった情景の中に、いきなりひとり放りだされてることに気づくようなこと。ネスが顔をしかめた、その時に。
 無邪気な静かな微笑みを浮かべて、ジェフがグラスを掲げました。
 「ジャックに」
 「ジャックって?」ネスは聞き返しましたが、答えを口にする暇も惜しむかのように、ジェフは一気にグラスをあおりました。そして、すぐ、びっくりしたように目を開け、ネスを見つめると、前のめりに倒れます。
 「ジェフぅううぅぅぅ!」

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。