マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ティーンズラブ小説

彼女にセクハラしていいのは俺だけなんで

彼女にセクハラしていいのは俺だけなんで


発行: ネットワーク出版
レーベル: フレジェロマンス文庫
価格:200pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 事業部に務めるOLニ年目の水崎摩耶は、プロジェクトの成功を祝した飲み会に参加。賑やかに宴が進む中、彼女は酔った部長からセクハラされそうになってしまう。
「彼女にセクハラしていいのは俺だけなんで!」
 機転を利かせて摩耶を助けたのは、同期の青山守だった。
 その場は和やかに収まって、摩耶は守に感謝した。ところがその場限りのはずだったセクハラ発言のせいで、ふたりは変な風に噂されてしまうことに。
「私たちはそんなんじゃないのよー! 青山くんも何か言ってよ!」
 困り果てた摩耶だったが、守はなんだか意に介していない様子で……。
 はたして摩耶はセクハラプレイ大好きという誤解を解くことができるのか? そして守の真意は?

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。