マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションミステリ小説日本ミステリ小説

プリンセス・トヨトミ

プリンセス・トヨトミ


発行: 文藝春秋
レーベル: 文春文庫
価格:787pt
形式:ドットブック形式⇒詳細 
対応端末:パソコン 
みんなの評価 ★★★★☆7
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 万城目 学(まきめ まなぶ)
 1976〜
 大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。2006年、第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビューすると一躍注目を集め、09年には同作が舞台化・映画化された。07年『鹿男あをによし』が第137回直木賞候補となり、テレビドラマ化。09年『プリンセス・トヨトミ』が第141回直木賞候補となり、11年には映画化。ほか『ホルモー六景』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』、エッセイ集に『ザ・万歩計』『ザ・万遊記』がある。

解説

 このことは誰も知らない──四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京からやって来た会計検査院の調査官三人と、大阪下町の空堀(からほり)商店街で生まれ育った少年少女だった。秘密の扉がついに開くとき、大阪が全停止する!? それは五月末日の木曜日、午後四時のことであった。『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』で知られる奇想天外な万城目ワールドの、これぞ真骨頂。映画化原作。特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も収録。

目次

第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
終章
あとがきにかえてエッセイ なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【ドットブック形式】

.book形式の書籍をご覧いただくためには専用のブラウザソフト・T-Timeが必要になります。
T-Timeはここから無料でダウンロードできます。