マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説幼馴染

子ウサギは眠れない

子ウサギは眠れない


発行: イースト・プレス
レーベル: B−cube
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★☆☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 かみそう 都芭(かみそう つば)
 5月10日生まれ。牡牛座。B型。

解説

 家が隣同士で家族ぐるみの付き合いをしていた幼馴染み、仲原成海と筒井惣司は大学生となって、ルームシェア――二人暮らしをはじめた。特別な感情などないと思っている成海だが、惣司が男が近づかないよう目を光らせている様を見て、サークル内では“公認のカップル”と目されていた。そんな折、ふとしたことから自分の気持ちに気づく成海。
「ただの幼馴染みじゃないって気がついた今、仲原はどうしたいのかな?」
「……わからないです。でも、惣司に嫌われたくない。」
※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

抄録

「ねえ、惣司。なんか嫌なことでもあった?」
 外に出て二人きりになると、成実はさっそく訊いてみる。
 惣司はまっすぐ前を向いたまま、そっけなく口を開いた。
「なにもない」
 などと言うわりに、やっぱりその眉間は険を含んだままだ。
「だって、機嫌悪いっていうか不愉快そうっていうか。今も、顔が怒ってるよ」
「それは。おまえがヘラヘラとバニーコスなんかを喜んでたからだ」
「そうじゃなくて、何回も俺の後ろを見てたでしょ」
「見てない。気のせいだ」
「え〜、そうかなぁ……」
 成実は首を傾げて思い出してみる。
 バニーコスは許さん、という威圧は確かに自分に向けられたものだった。
 でも、そのあと不愉快そうに移動した視線は、成実の後方に据えられていたとしか思えない。
「違うよ。やっぱり見てたよ」
 言ってピョンと歩を進め、惣司の腕にぶらさがって横顔を見上げた。
 昔からスキンシップが大好きな成実は、こうして惣司にくっつくクセは子供の頃のまま。深い意味がないから今でも人目を憚らず、無意識にやってしまう。
 さすがに惣司以外の人にはぶらさがったりしないけど、たいして親しくない相手に気安く肩を叩かれたりしても、まったく気にしないのだ。
「どうしておまえは、そう……無防備に……」

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。