マイリストに追加

和書>ビジネス・教育ビジネスビジネス読み物

歴代総理の経済政策力

歴代総理の経済政策力


発行: イースト・プレス
レーベル: 知的発見!BOOKS
価格:800pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 三橋 貴明(みつはし たかあき)
 1994年、東京都立大学(現首都大学東京)経済学部を卒業。
 外資系IT企業ノーテルをはじめ、NEC、日本IBMなどを経て、2008年に中小企業診断士として独立し、三橋貴明事務所を設立。
現在は、経済評論家、作家としても活躍中。
 2007年、インターネット上の公開データの詳細な分析によって韓国経済の脆弱な実態を暴いたのが反響を呼び、それを書籍化した『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)がベストセラーとなった。
 2010年、第22回参議院議員通常選挙比例代表に自由民主党から立候補するも落選。
 著書多数。

解説

 政治家が国家のグランドビジョンを語らないというのであれば、国民みずからが描き、語り、実現に向けて動き出すしかない。
 グランドビジョンを知れば経済がわかる。
 歴史から読み解く日本経済「復興」のヒント。

目次

はじめに 日本経済の「復興」に必要なグランドビジョンとは
第一章 田中角栄が創った日本のグランドビジョン
・田中角栄
第二章 「二人の魔物」の登場とバブル経済
・三木武夫
・福田赳夫
・大平正芳
・鈴木善幸
・中曽根康弘
・竹下登
第三章 政治の混乱とグランドビジョンの喪失
・宇野宗佑
・海部俊樹
・宮沢喜一
・細川護煕
・羽田孜
・村山富市
・橋本龍太郎
・小渕恵三
・森喜朗
第四章 小泉改革の功罪とグランドビジョンの変転
・小泉純一郎
・安倍晋三
・福田康夫
・麻生太郎
・鳩山由紀夫
・菅直人
おわりに 「第二の戦後」の経済政策に必要なこと

抄録

 日本の政治家が、国家の将来における指針たる「グランドビジョン」を口にしなくなって久しい。そもそも政治家の仕事とは、国民にグランドビジョンを示し、ビジョンを実現するためのグランドデザインを描き、そこからブレイクダウン(細分化)した各政策を実行フェーズに落とし込むことである。ところが、現実の政治家は細かい問題ばかりを取り上げ、互いに揚げ足を取り合い、責任を押しつけ合うことに専念している。
 基本的に、政治とは利害調整である。誰かが得をする政策を実施したとき、必ず損をする人たちが出てくる。それでもあえて、将来の日本を素晴らしきものにするために、国民と対話を重ね、損をする人たちに納得してもらうことこそが政治家の仕事である。そのためには、国家の将来像を描いたグランドビジョンが必須なのである。
 現在の日本の混迷は、政治家がグランドビジョンを描けなくなったことに起因している。そもそも将来の日本をどうしたいのかが不明である以上、どんな政策であっても、万人を納得させることなどできるはずがない。
 とはいえ、これまでの日本にグランドビジョンを描く政治家がひとりもいなかったのかと言えば、もちろんそんなことはない。戦後の日本には、みずからのグランドビジョンを堂々と掲げ、実際に実現しようとした政治家たちが何人もいた。
 その代表的な人物が、田中角栄である。田中角栄は「国土の均衡ある発展」という壮大なグランドビジョンを掲げ、実現のためにさまざまな法律を通していった。田中角栄をはじめとする「ビジョンを持つ政治家」たちが存在したからこそ、戦後の日本は高度成長を達成し、かつてない繁栄を手にすることができたのである。
 とはいえ、どんな壮大なビジョンであっても、寿命というものがある。極端な書き方をすれば、明治初期の日本と平成日本が同じビジョンを共有できるはずがない。何しろ、外部環境や内部環境がまるで異なっているわけである。
 田中角栄のグランドビジョンは、最終的には1985年以降の「バブル経済」という形で結実し、そして崩壊した。本来であれば、バブル期にこそ、日本は新たなグランドビジョンを描き、国民の間で共有しなければならなかったのである。いわばビジョンのバトンタッチに失敗した日本は、その後、長期にわたって経済成長率が低迷し、政治が混乱し、国民の間には閉塞感が漂った。
 とはいえ、あらためて考えてみると、日本の政治家を選挙で当選させたのは、有権者である日本国民自身である。政治家がビジョンを語らなくなった、あるいは新たなビジョンを描けなくなったという問題の責任は、最終的には国民に帰せられるべきである。何しろ、日本国家の主権を持つのは、日本国民一人ひとりなのだから。
 政治家が日本国家の将来について明確なビジョンを描けなくなってしまったというのであれば、日本国民一人ひとりが描けばいい。政治家がビジョンを語らないというのであれば、日本国民一人ひとりが語ればいいだけの話だ。
 そのためには、戦後の日本がどのようなグランドビジョンを共有し、どのように発展を遂げ、そして、どのように停滞したのかを知らねばならない。過去の事例を知らねば、将来の展望も描けない。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。