マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション文芸日本文学現代小説

私生活

私生活


発行: 文藝春秋
レーベル: 文春文庫
価格:500pt
形式:ドットブック形式⇒詳細 
対応端末:パソコン 
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 神吉 拓郎(かんき たくろう)
 1928〜1994
 1928年、東京生まれ。旧制成城高校卒業。49年、ラジオドラマ執筆を機に放送作家の世界に入り、かたわら雑誌のコラムや短篇小説を手がける。84年、小説集『私生活』で直木賞受賞。おもな著書に『男性諸君』『ブラックバス』『曲り角』など。1994年6月逝去。

解説

 「都会生活の哀愁を、巧みに切りとってみせた」と高く評価された第90回直木賞受賞の短篇集である。この世の中、どこの誰にも一枚めくれば、あやしげな私生活があるものだ。人それぞれにおなじ悩みも濃くまた淡く……いささか暗い人生の哀歓と心理の機微を、登場人物それぞれの何気ない会話のうまさと洗練の筆で、さりげなくしかし奥深く捉えた名人芸。「つぎの急行」「たねなし」「丘の上の白い家」「ご利用」「六日の菊」など17の「私生活」を描く。

※ 表紙画像はダウンロードデータには付きません。

目次

つぎの急行
たねなし
丘の上の白い家
ご利用
六日の菊
警戒水位
かけだし老年
釣り場
小夜子
冬眠

背中
待たれる
よろよろ
シングルス
もう一人の女
季節労働者

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【ドットブック形式】

.book形式の書籍をご覧いただくためには専用のブラウザソフト・T-Timeが必要になります。
T-Timeはここから無料でダウンロードできます。