マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション文芸海外文学アメリカ文学

続あしながおじさん

続あしながおじさん


発行: グーテンベルク21
シリーズ: あしながおじさん
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ジーン・ウェブスター(Jean Webster)
 (1876〜1916)
 ニューヨーク生まれ。父は出版社の経営者、母は文豪マーク・トウェインの姪という、文学的に恵まれた環境で育ち、学生時代から新聞に記事を書くなどしていた。大学在学中から孤児院などの社会事業に興味を持ち、作品にも多くの影響を与える。そうして書き溜めた短編を収めた「パティー大学に行く」を出版するが、当初はなかなか認められなかったという。
 作家として成功してからも、社会事業に関心を持ち続けた彼女の一番の傑作は、36歳のとき執筆した「あしながおじさん」であることは有名。
 1945年に結婚。翌年、女児を出産するが、その直後40歳の若さでこの世を去った。

解説

 『続あしながおじさん』は原題を『なつかしい敵さん』といい、『あしながおじさん』の立役者だったジールシャ・アボットは結婚して、孤児院の有力な後援者になっている。それにかわって大学時代の親友、赤毛のサリー・マクブライドは孤児院の院長さんになって大活躍。「敵」と呼んでいる「がんこ者」のお医者さんと力をあわせて、孤児院を改革し、それをどんどん明るいものにしていく。前作とおなじ手紙の形で話が進められ、前作とおなじように、ユーモアにあふれ、強い正義感をうたった傑作。

目次

マサチューセッツ州、ウスター、ストーン・ゲイトにて
ジョン・グリア孤児院にて
なつかしいジューディへ
ニューヨーク、ペンドルトン家にて
ジョン・グリア孤児院にて
なつかしいジューディへ
ジャーヴィス・ペンドルトン夫人へ
ジョン・グリア孤児院にて
マクブライド・キャンプにて
なつかしいジューディへ
解説

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。