マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説兄弟

薔薇色の憂鬱

薔薇色の憂鬱


発行: イースト・プレス
レーベル: アズ・ノベルズ シリーズ: 薔薇色の禁忌
価格:850pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆9
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 「四十八時間耐久エッチだから」仁科家は、人気漫画家の長男・心、デザイン事務所勤務の次男・塁、獣医の三男・幹、そして大学生の末っ子の直、と男ばかりの……それも華やかなイケメンぞろいの四人兄弟。おまけに、心と直、塁と幹はそれぞれ恋人同士だったりするのだが……。結ばれてから四年も経つというのに、ダブル禁忌もなんのその、心の直への溺愛&束縛っぷりはエスカレートする一方で、ついに直が反乱ののろしを……。史上最強★兄弟ラブコメ♪

※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

目次

 薔薇色の憂鬱

抄録

 「うん。お仕置きタイム開始だよ」
 「そうそう。俺の適性がお仕置きタ……って、はあ!?」
 なにタイムだってと、ぽかんとなった直ににんまり笑った心が、吐息が触れる距離に顔を寄せて囁いた。
 「どんなに可愛い直くんでも、今回みたいな形でおれに気を揉ませた責任は、恋人としてちゃんと取って」
 「う」
 「今夜は眠らせてあげない。塁たちにも事情は言ってあるから、食事の支度については心配しなくていいよ。ちなみに、お仕置き期間は最低でも一週間の予定だから」
 「いっ……でも、大学が……」
 「……野郎の件が片づくまで、念のためにしばらくは休んでもらわないとな」
 「え?」
 口内でぼそりと、しかも早口での心の台詞だったために聞き逃して問い返したら、意味深にほくそ笑まれた。
 「もちろん、行かせる体力なんか残さないって言ったの」
 「な」
 恐ろしい宣告に、直が愕然となる。つまりは、これから七日間毎日抱くと宣言されたわけだ。
 現在の週一回でもけっこう体力を消耗しているのにと戦慄する。いくらなんでも無体すぎると反論したが、死にそうなほど心配させた罰と言い返された。
 大切な恋人が押し倒されている衝撃場面を見た心痛は如何ばかりかともつけ加えられ、そこを指摘されると弱い直が深い溜め息をついた。
 今回ばかりは、どう転んでも形勢不利だ。
 想定外の難題を突きつけられて、狼狽のあまり将来についての話し合い云々も吹っ飛んでいた。まさか、それも心の狙いとは思いもしない。
 「さあ、直くん。覚悟はいいかな」
 「勝手にすれば?」
 「はいはい。じゃあね、直くんからおれを誘ってくれる?」
 「……そうくるか」
 これまた無茶な要求に、一瞬で固まった。
 今まで一度たりとも、この手のシーンで直から積極的に迫ったことはない。心がアプローチしてきて、主導権を持って直を翻弄するのが常だから、正直どうすればいいのかわからなくて途方に暮れる。
 腹立たしいほどわくわくした顔つきの心を、困惑げに見つめた。
 「……そんなこと言われても、どうすればいいかわかんないし」
 「だったら、まず自分で脱いでみせて」

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。