マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクション伝記・自伝

昭和の快男児 ジャッキーの政

昭和の快男児 ジャッキーの政


発行: タイクーン
レーベル: タイクーンブックス シリーズ: 坂口拓史作品集
価格:1,000pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 坂口 拓史(さかぐち たくし)
 1942〜
 台湾生まれ。戦後熊本県八代市に引き揚げ、八代第一中学校、私立九州学院高等学校を卒業後、法政大学二部文学部を経て、螢札灰燹陛時は日本警備保障)に入社。日本平和警備保障(株)代表取締役を37歳まで勤めた。32歳のとき処女出版『実録万引』(ちはら書房)が、NHK「ルポルタージュ日本」で放映。38歳のとき、作家として本格スタート。『万引』(国書刊行会)を原作にし、テレビ朝日の二時間ドラマ「月曜ワイド劇場」では「女性万引ガードマン」、および続編が放映。主演大空真弓、他に山本学、ちあきなおみ、風祭ゆき等の出演で25%の高視聴率をマーク。また、『トリカブト事件』は、早見優、増田恵子の共演で放映。他に「地球発19時」「素敵にドキュメント」「3時のあなた」「われら高校生」など数十本のテレビ放映を構成及び出演。実母・坂口れい子は、丹羽文雄門下の女流純文学代表作家。14歳で講談社少女クラブ懸賞小説特選、第三回新潮賞受賞、第一回台湾文学奨励賞受賞、芥川賞次点三回など多数。実父・坂口貴敏は、歌人若山牧水最後の弟子。九州を代表する歌人であり、戦前の作文教育の第一人者。著書に『綴方の観賞』他。

解説

 日本にこんな面白い男がいたのか! 少年期は中国で馬賊を目指し、戦中は零戦乗り、戦後は横浜・京都でつぎつぎと事業を手がけ、九州の映画興行の世界を作り上げた。カラダひとつで勝負した男の中の漢、九州が生んだ昭和の快男児、ジャッキーの政こと沢政一のドキュメント小説。

抄録

 ──昭和の弁慶現わる!! “ジャッキーの政”誕生──
 昭和二十一年秋。
 まだ二十代半ばの武専出身の若者たち、柔道三段の猛者が五人一緒だった。
 京都に空襲はまったくなく、街並は焼けることなくそっくり残った。
 武専出身の若者たちは、全員が一癖も二癖もある顔をしていた。復員兵の沢政一は二十一歳、ふてぶてしく三癖ぐらいあるから、他人のことは言えない。
 金は横浜で荒稼ぎしたものがリュックにいっぱいあった。
 夜になると、鍋をつつきながら酒を飲む。闇でウイスキーや日本酒が揃った。
 いくら食糧不足でも、金さえあればなんでも手に入った。
 「オイ、このままアメ公さんに舐められていいと思うか?」
 「冗談じゃねえ。大和魂が泣くぜ」
 「弁慶が太刀千本なら、俺は帽子千個取って見せる!」
 「ヨーシ! これから、アメリカ兵の軍帽を千個取ろうぜ」
 「どうせなら、五条大橋やな。日本人の根性みせたる」
 「どいつもこいつも、川んなかに叩っ込んだる」
 食ってたのが軍鶏鍋のせいか、みんな意気軒昂だった。谷村は穏やかに笑って、若者たちの血気を眺めていた。止めて止まるものじゃない、と知っていたのだ。
 政一は最年少だったが、気概だけは誰にも負けなかった。それに島原中学で柔道三段を取得していた。
 世の中、誰でも腹を空かせ、やるせない憤りに怒りまくっていた時代だ。
 翌日の夜二十時〇〇分、六人は酒も飲まず五条大橋に立った。柔道着姿で高下駄をはいている。人通りは絶え、たまに通るのは酔っ払って、丸太のような腕に、日本の若い女をぶら下げた米兵だけだ。
 仕事は簡単だった。仲間の一人が、米兵の帽子をヒョイと取る。
 他の仲間が軍服の襟をつかむ。女がキャアキャア騒ぎ、ハイヒールを脱ぎ捨て、ペタペタと逃げ去る。
 哀れな米兵は若者の腰車に乗せられ、次の瞬間、欄干を越えドボンと盛大な水音を立てた。昭和二十一年十一月の中旬のことだ。米兵は寒かったり、驚いたりでたいへんだったことだろう。
 五日間で六人の弁慶たちは、米兵を次々に闇討ちにし、合計十九個の帽子を取り、連れの女が逃げ出したり、立ち竦んでいる間に、米兵を川に投げ込んだ。
 そして、サッと風のように立ち去るのだ。谷村は万一のことを考慮して、家で待機していた。
 痛快この上ない。帰ってから冷酒をあおり、飯を食った。
 米兵も命に別状ないから、帰隊して何も言わないらしく、弁慶たちにおとがめはなかった。
 六人の弁慶のうち二人が、小さな碇をロープの先に結びつけ、忍者よろしく中型の鍵縄を作り、ロープの反対側を欄干にグルグル巻きにした。これで走るジープに碇を投げ、引っかけようというのだ。
 ある夜、一台のジープが通りかかった。五人の白いヘルメット姿の米兵が乗っている。
 左腕には「MP」の腕章が巻いてある。
 「オイ、ありゃあMPだぜ」
 「MPが恐くて、ゼロ戦に乗れるか!」
 一人が小型の碇を投げた。後部座席に引っかかる。ロープが伸び切り、大橋をきしませてジープが止まった。急停車したはずみに、大男が三人車の外に投げ出された。
 「Who аre you!」
 「What shall I do?」
 「デカイ面するなつーんじゃ。ここは日出ずる国、天子の都やぞ。ウオリヤー」
 弁慶たちが、何か叫んでいる大男たちを、橋の上から川に投げ込む。あまり深くないから溺れる心配はないが、その分痛いはずだ。
 車にへばりついていた二人も引きずり出し、千切っては投げた。
 奪い取った軍帽は、戦利品として部屋に飾った。
 あまりにも易々と手に入るので、みんな拍子抜けした。
 どこでどうわかったのか、都新聞がかぎつけた。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。