マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌雑学豆知識

こんなに楽しい源氏物語

こんなに楽しい源氏物語


発行: イースト・プレス
シリーズ: イースト雑学シリーズ
価格:500pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 渋谷 栄一(しぶや えいいち)
 高千穂大学経営学部教授。
 研究分野は国文学・中古文学で、特に『源氏物語』に関する研究をテーマとする。ウェブ上で『源氏物語』の本文・現代語訳・註釈などを公開(「源氏物語の世界」)し、その普及に貢献。

解説

 光源氏は何人の女性とつきあった?
 平安時代の告白方法は?
 物語の結末は?
 人物相関図と全54帖の要約で、日本文学の最高傑作「源氏物語」の複雑な人間ドラマをわかりやすく解説。
 源氏物語の世界が手に取るようにわかる! どんどん楽しくなる!

目次

 はじめに 『源氏物語』はこんなに楽しい!
 読む前におさえておきたい『源氏物語』3つの常識
 Part1 光源氏・誕生から青春期までの物語
 Part2 大人になった光源氏の物語
 Part3 光源氏の子どもたちの物語

抄録

 『源氏物語』は、約千年前の平安時代に紫式部という女性が書いた長編物語で、日本の古典文学の最高傑作と言われています。
 本書では、「『源氏物語』って何?」という初心者にも登場人物やあらすじが理解できるように随所に工夫を盛り込みました。Part 1〜3ごとに登場人物の詳しい紹介をしているほか、人物関係がひと目でわかる「人物相関図」を掲載しました。『源氏物語』の人物たちは数が多く、名前や関係性も独特。混乱した際には、ぜひ人物紹介と相関図を確認してください。
 また、物語を理解するうえでつまずきそうな用語や文化背景・制度などは、欄外に注釈をつけました。それ以外にも、別ページに詳しい解説を用意してあるので、参考にしながら読み進めてください。もちろん平安トリビアとしても楽しんでもらえるはずです。
 印刷技術が未発達で手書きで書き写すことによって広まっていた千年前の物語を、現代の私たちが読むことができるのは素晴らしい体験に違いありません。『源氏物語』には、千年経った今もなお色褪せない人々のリアルな姿と思いがとじこめられています。独特で雅な世界を楽しむと同時に、
 「光源氏ってただのプレイボーイなんじゃないの?」
 「平安時代って何して遊んでたの?」
 「『源氏物語』のラストシーンってどんなだっけ?」
 などの知ってそうで知らない多くの疑問を、本書を読んで
 楽しみながら解決してください。

本の情報

紙書籍初版: 2011/11/25
趣味・生活・雑誌雑学豆知識

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。