マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌エンターテインメント芸能テレビ・映画

最低映画館・血みどろ映画編

最低映画館・血みどろ映画編


発行: マイカ
シリーズ: マジソンズシリーズ最低映画館
価格:300pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 やっとこやっとこくりだした血みどろ映画だスプラッター。斧が、チェーンソーが、電動ドリルが、アセチレン・バーナーが、もしかしたらやっとこがまでもがスクリーンを真っ赤に染める。『サイコ』のノーマンも『ハロウィン』のマイケルも『13金』のジェイソンもみんな友だちルーツは同じ。スプラッター・ムービーの起源と歴史を辿る血みどろの旅にいざ出発。いま恐怖の頂点を極めて、戦慄のジョギリ・ショックがやってくる! (描き下ろしCGイラスト67点)

目次

 まえがき

 第一章 血みどろ映画の起源
 1.スコットランド女王、メアリーの処刑
 2.アンダルシアの犬
 3.サイコ
 4.血を吸うカメラ
 5.椿三十郎
 6.ショーグン・アサシン

 第二章 H・G・ルイスとゴア・フィルム
 1.血の祝祭日
 2.ハーシェル・ゴードン・ルイス
 3.2000人の狂人
 4.カラー・ミー・ブラッド・レッド
 5.悪魔のかつら屋
 6.血の魔術師
 7.ゴア・ゴア・ガールズ
 8.ブラッド・フィースト/血の祝祭日2
 9.血まみれ農夫の侵略
 10.血に飢えた断髪魔
 11.ザ・マン・ウィズ・ツー・ヘッズ
 12.ドクター・ゴア/死霊の生体実験

 第三章 医療ホラー
 1.顔のない眼
 2.死体解剖記
 3.殺人鬼登場
 4.怪談生娘吸血魔
 5.美女の皮をはぐ男
 6.生血を吸う女
 7.狂ったメス
 8.ホラー・ホスピタル
 9.悪魔のオペ
 10.フェイスレス

 第四章 サイコ・キラー
 1.第三の犯罪
 2.血だらけの惨劇
 3.ウィリアム・キャッスル
 4.惨殺!
 5.モデル連続殺人!
 6.マリオ・バーヴァ
 7.顔のない殺人鬼
 8.惨殺の古城
 9.姿なき殺人
 10.歓びの毒牙
 11.血みどろの入江
 12.処刑軍団ザップ
 13.小さな悪の華
 14.鮮血の美学
 15.狂気のいけにえ
 16.悪魔のシスター
 17.悪魔の調教師
 18.影なき淫獣
 19.ラスト・ハウス・オン・デッド・エンド・ストリート
 20.悪魔のいけにえ
 21.炎のいけにえ
 22.無邪気な悪魔におもちゃが8つ
 23.悪魔のしたたり/ブラッドサッキング・フリークス
 24.サスペリアPART2
 25.悪魔の沼
 26.ザ・チャイルド
 27.スナッフ
 28.サランドラ
 29.メイク・アップ
 30.発情アニマル
 31.ドリラー・キラー

 第五章 80年代のスプラッター
 1.ハロウィン
 2.デビルズ・ゾーン
 3.13日の金曜日
 4.マニアック
 5.テラー・トレイン
 6.ファンハウス/惨劇の館
 7.バーニング
 8.血のバレンタイン
 9.誕生日はもう来ない
 10.ナイトメア
 11.シャドー
 12.面会時間
 13.ブラッド・ピーセス/悪魔のチェーンソー
 14.悪魔のサンタクロース/惨殺の斧
 15.悪魔の毒々モンスター
 16.悪魔のいけにえ2
 17.クロールスペース
 18.吐きだめの悪魔
 19.処刑! 血のしたたり
 20.ベイビー・ブラッド
 21.ネクロマンティック
 22.死の王
 23.シュラム/死の快楽
 24.トラウマ/鮮血の叫び
 25.Dr. ギグルス

 第六章 カニバリズム
 1.食人映画
 2.カニバル
 3.食人族
 4.人喰族
 5.スパイダー・ベイビー
 6.ホラー喰っちまったダ!
 7.地獄のモーテル
 8.地獄の謝肉祭
 9.猟奇! 喰人鬼の島
 10.フライパン殺人
 11.アイスクリームマン
 12.マッシュルーム

 あとがき

 著者紹介

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。