マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説社会人

淫らな結婚アドバイス

淫らな結婚アドバイス


発行: 茜新社
レーベル: ステラ★ノベル シリーズ: 「淫ら」
価格:600pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆2
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 牧山 とも(まきやま とも)
 8月31日生まれ。乙女座。B型。
 よろしくお願いします。

解説

 「俺の嫁なら、一晩最低三回は可愛がらないと駄目だろ」
 母親に半強制的に結婚相談所へ会員登録させられてしまった深春は、一度担当者に会えば義理を果たせると相談所へ行くことに。担当となった志籐という男は何気に強引な性格だが男前で、仕事熱心なところにひかれ深春は心を開いていく。
 一方の志籐は、勤めている大手製薬会社で研究ばかりしている童貞&処女なうっかり美人・深春を手に入れる時期を虎視眈々と狙っていて……!
 大人気「Dr.の淫らな恋愛処方箋」のリンク作! ALL描き下ろしカラーイラスト付き。

抄録

 「んんっ!?」
 唇を舌で舐められてやっと我に返った深春が、口元を引きつらせて絶叫する。
 「な、にすんだ、馬鹿っ」
 俺のファーストキスを返せ変態と罵りながら口元を手で拭う深春に、キス泥棒の変態は悪びれもせずに言った。
 「なにって、性体験がなくてお困りの会員様にスペシャルサービスを」
 「は?」
 「特別に、身体の相性診断してやるよ」
 「ば……」
 「どんな“アレ”が向いてるか、どれくらい体力が持つか、あらゆる面が診断可能だ」
 「んなもの、しなくていい! てか、俺は男だっ」
 「だから、いいんだろ」
 「……え」
 まさかという疑惑は、意味深な微笑を湛えて移動してきた志籐の胸に引き寄せられて、確信へと変わる。遅まきながら暴れても、体格の差で難なく押さえこまれ、気づいたときにはラグマットの上に押し倒されていた。
 「安心しろ。初心者向けに、これでもかと優しくしてやる」
 「いいから、今すぐやめろ!」
 その優しさを、男に貞操を奪われそうになっているかわいそうな童貞に向けろと力説するが、略奪者は笑顔で却下した。
 「嫌だ」
 「そ……な? ちょ、待っ……どこ触って……っ」
 「心配するな。触るだけじゃなくて、舐めたり噛んだり突っこんだりと、バリエーションにはこと欠かない」
 「……っ」
 恐ろしすぎる台詞に、深春の背筋を戦慄が駆け抜けた。

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。