マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌生き方・教養自己啓発

だからこそできること

だからこそできること


発行: 主婦の友社
価格:1,000pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 武田双雲(たけだそううん)
 1975〜
 熊本県生まれ。書道家。3歳より書道家である母・武田双葉に書を叩き込まれる。東京理科大学卒業後はNTTに入社し、約3年勤務。独立後は音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーション、斬新な古典など独自の創作活動で注目を集め、日本テレビ『世界一受けたい授業』ほか各種メディアに出演。NHK大河ドラマ『天地人』、映画『火天の城』、『春の雪』、『北の零年』ほか、数多くの題字を手がける。多くの門下生を抱える書道教室「ふたばの森」主宰。著者に『武田双雲にダマされろ』(主婦の友社)、『こころをつよくすることば』(日本出版社)など多数。「6月9日は、世界感謝の日」を企画し、世界が感謝に包まれる日を夢見てプロジェクトを進めている。男の子一人、女の子一人の父である。

解説

 乙武洋匡と武田双雲が1年以上に渡って語り合った話題の本がついに発売。なぜ前向きに生きられるの? 夢がかなうの? 二人には驚くほどの共通点があふれていた。親から愛されること。愛情の示し方。震災で感じたこと。毎日を楽しむこと。失恋、障害、病気、トラブルさえもポジティブにとらえてしまう二人。最大のキーワードが、幸せを呼ぶ魔法の言葉『だからこそできること』。
 いろんな言葉の後にふりかけのように「だからこそできること」をつけると、不思議と前向きになれたり、やるべきことが見えてくるんです。前向きすぎる二人が、元気のない日本を楽しくする一冊。人生が明るく変わる幸福論が今、解き放たれる!

目次

 はじめに 「初対面と初体験」乙武洋匡
 第1章 僕たち、褒められて育ちました
 第2章 「えこひいき」と「個性」
 第3章 親に愛される人、愛されない人
 第4章 目立つと批判される法則
 第5章 苦手なことが見つからない
 CHAT はじまりは、「ツイッター」
 第6章 震災で見えてきたもの
 第7章 誰にだって「役割」がある
 第8章 魔法の言葉「だからこそできること」
 第9章 幸せになりたかったら
 おわりに 「ポジティブとネガティブ」武田双雲

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。