マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションエンターテインメント小説男性向け恋愛小説

耽美の沼04 ある小住宅の欠陥・晩秋一景

耽美の沼04 ある小住宅の欠陥・晩秋一景


発行: タイクーン
レーベル: タイクーンブックス シリーズ: 吉村滋作品集
価格:300pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 吉村 滋(よしむら しげる)
 昭和二年熊本市生まれ。五高を経て九州大学経済学部卒業。
 元熊本日日新聞社論説委員。
 「詩と眞實」元編集発行人。
 「九州文学」同人。
 日本文藝家協会会員。
 熊本県芸術功労者。
 著書「父と子」=熊日文学賞受賞。「白馬荘」「日本短編小説文庫7 銀閣の影絵」「昭和の奔流」など。

解説

 恋とは痛みのある愛欲か……二人の女と男が、押さえることの出来ない欲望に溶け込んでいく。ある小住宅の建築が3人の運命を変えていく。昭和耽美ロマンの傑作「ある小住宅の欠陥」と掌編「晩秋一景」を収める。

目次

 ある小住宅の欠陥……7
 晩秋一景……47

抄録

 会話が途切れた。
 徹也は、英子の肩に手を掛けると静かに引寄せた。さきほどの、力をこめた強引な抱擁ではなく、英子の上体がしなやかに彼の胸に崩れた。荒い息使いのかわりに唾液の糸を引いた英子の唇に、徹也は滴のような快美な陶酔が、秘密の色合い濃く浸透してゆくのを覚えていた。

 クリスマス・イブの夜──。徹也は、アポロ9号の月面撮影のテレビを見ていた。ナマの宇宙中継は、アメリカ国民にイブのプレゼントとして企画されたものなので、アメリカより十時間の時間の遅れがある日本では、朝のうちに済んでいた。それでいま徹也が見ている画面は、ビデオによる特集番組だが、そんなことはどうでもよかった。
 亜紀は浴室にいた。

 「ある小住宅の欠陥」より

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。