マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説業界人

これもいわゆる愛だから

これもいわゆる愛だから


発行: 茜新社
レーベル: ステラ★ノベル
価格:600pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 牧山 とも(まきやま とも)
 8月31日生まれ。乙女座。B型。
 よろしくお願いします。

解説

 芸能プロダクションで働くクールな眼鏡美人の聖は、急遽人気作曲家・片桐のマネジメント業務をすることになった。片桐は過去モデルをしていたほどのイケメンで、曲作りに関してもかなり才能があるが下半身に節操がない。聖がマネージャーになってからも目を盗んでは女性のもとに通っているのだ。真面目な聖は負けじと徹底的に管理をした結果、ついにキレた片桐に下半身の面倒もみろと言われ……!?
 ALL描き下ろしカラーイラスト付き。

抄録

 「こういうことはお断りだと言ったはずです」
 「俺は承諾してない」
 「私はマネージャーなんですよ」
 「だから、手っ取り早くこれでコミュニケーションとらせろ」
 「会話で充分です」
 「却下だ」
 「片桐さん!」
 押さえつけるようにして、ソファへ座らされた。直後、強引に膝が割られ、片桐がそこに片膝をついて覆いかぶさってくる。
 仰け反って避けようにも、背もたれに阻まれてままならない。加えて、大きな手で両肩を強く掴まれていては、逃げるのも難しかった。
 この状況に幾分困りながらも、聖は表面上はわりと冷静だった。
 なにぶん、この程度のことなら数えるのが面倒なほど経験済みである。ゆえに、これまでどおり今回も、どうにかして逃げきれると思っていた。
 それでも、せめてもの反抗に至近距離に迫った片桐を睨みつける。途端、眼前の端正な口元が楽しげにほころび、彼の膝が早速悪戯を始めた。
 股間を緩々と刺激されて、呪誼が漏れそうになる唇を噛みしめる。
 「……っく」
 「ほらな。やっぱ、いい顔だ」

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。