マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

危険すぎる契約 華麗なる転身 II

危険すぎる契約 華麗なる転身 II


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス華麗なる転身
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★3
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

 ■わたしに着せ替え人形になれと言うのね。常識はずれの彼の提案に、彼女は当惑した。

 ■倒産の危機に瀕しているケータリング会社を立て直そうと、若き経営者ミスティ・カールトンは必死だった。そんな彼女に救いの手を差し伸べる男性が現れた。イタリア系大企業の重役レオーネ・アンドラッキ。彼は支援の見返りとして驚くべき条件を提示する。「君に、恋人のふりをしてもらいたい」レオーネほどの男性なら女性には不自由しないのに、なぜ? 「僕が用意する家に住み、僕が買う服を着て、僕に従う」奴隷同然の恋人になれということね。ミスティは困惑し、反発を覚えたものの、会社のために承諾する。そして大物経営者の恋人としての華やかな生活が始まった。だが、ミスティが選ばれた裏には恐るべき計画があった。レオーネは、彼女を自らの復讐の武器に使うつもりでいたのだ。

 ■今作は若き経営者ミスティの物語です。愛してしまった男性は、実は復讐のために自分に近づいたことを知った彼女は……。二人の恋は運命を超えられるのでしょうか?

抄録

 バスルームのドアノブが取れてしまい、レオーネは慌ててそれを元の場所に押しこんだ。「何もかも古い。売りに出しているというのも無理はないな。きっとどこかのロマンチックなやつが……」
「ベッドがひとつしかないのよ」
「ああ、この部屋には家具が三つしかない、気がついてるよ。だがそれよりも、暖房と食事が問題だ」
「火をおこしてちょうだい。何か料理を作るわ」
「こんなはずじゃなかった」
「文句を言うのはやめたら? きっとギャリスン夫妻は困っていらして、贅沢は言っていられないのよ」
「違うな。夫妻は金持ちでけちで、使用人にろくな給料を払わないことで有名だ。同情するのは見当違いだ」レオーネは冷淡に言った。
 キッチンは貯蔵庫のように広く、中世から更新していないような古びた設備だったが、大きな冷蔵庫の中には食料が豊富にそろっていた。レオーネが暖炉のたきぎを苦労して用意する間に、ミスティはスペイン風オムレツとシーザー・サラダを作った。二人とも旺盛な食欲を見せ、ろくに会話もしないで食事に集中した。
 寝室では、ちらちらと揺れる暖炉の火が古い家具を照らし、すばらしい雰囲気をかもしだしていた。ミスティは困った顔でレオーネを見た。「ひとつのベッドを使わなくてはならないなんて、思ってもいなかったわ」
 レオーネはおもしろがっているような目をミスティに向けた。「ギャリスン夫妻は本当にこの城にいるのかな? それともマードに殺されてしまい、僕たちは次の犠牲者だったりして? 僕が夜通し起きていて、見張っていようか?」
 見張りはいいから、あなたが欲しいの。前夜からの嫉妬になおも苦しめられながら、ミスティは思った。ベッドに一緒に入りたい。頭の中に響く声はあまりにもはっきりしていて、実際に口に出してしまったかと心配になるほどだった。
 ミスティはレオーネから顔をそむけた。「バスルームを先に使わせてね。時間はかからないわ」
 まだ荷ほどきをしていないスーツケースから必要なものを取りだし、ミスティはバスルームに向かった。しかしドアのところで足を止め、彼女は思いきった質問を口にした。
「ゆうべは誰といたの?」
「しばらく会っていなかった友人たちだ。ずっとそれを気にしてたのか?」レオーネは目を輝かせ、ミスティを探るように見た。
 ミスティは頬を赤らめ、慌ててドアを閉めた。ばかな質問をしなければよかったと悔やむ反面、レオーネの答えを聞いて、当惑するくらいほっとしていた。残念なことにお湯はろくに出ず、バスルームに長居はしていられなかった。
「お湯が出ないわ」ミスティはシルクのナイトドレス姿で、震えながら寝室に戻った。なるべく自然にふるまおう。
 シャツを脱ぎかけていたレオーネが、暖炉の火に照らされているミスティを見た。「今夜も冷たいシャワーが必要になるのかな?」
 気まずい沈黙が流れた。ミスティはこんな質問が返ってくるとは思ってもいなかった。「そうよ」レオーネの浅黒くたくましい胸から無理に視線をはがし、彼女は素早くベッドに飛びこんだ。
 絶対に誘惑に負けまい、とミスティは自らに誓った。男性に対して今ほど欲望を感じたことはないが、たぶん一時的な感情にすぎない。レオーネとは特別な契約を結んでいる。その契約を超えて個人的な関係を結んだら、傷つくのはわたしだ。
 少ししてバスルームのドアが開いた。ミスティは薄く目を開けて、トランクス一枚で現れたレオーネを見た。すぐに目を閉じたものの、彼の姿はまぶたの裏にしっかりと刻まれていた。濡れた黒髪、浅黒い肌、筋骨たくましい体、長い脚。早く忘れるのよ。ミスティは後ろめたさを覚えつつ自分に言い聞かせた。
 ベッドのマットレスがレオーネの体重で沈んだ。とたんに布の破れる音がして、レオーネが悪態をついて起きあがった。上掛けが引っ張られ、ミスティも身を起こさざるをえなくなった。シーツに裂け目ができている。
「こんなところでは寝られない」レオーネが口をとがらせた。
「直せるわよ」ミスティはするべき仕事ができてうれしいくらいだった。
「ホテルに移ろう」
「大丈夫よ。ほら、手伝って」ミスティはシーツをはがし、裂け目が枕の下に隠れるように向きを変えた。
「客にこんな待遇とは、失礼にもほどがある」レオーネはうなるように言った。
「すてきな建物ね。歴史を感じるわ」
「こんなに居心地が悪いのに?」
 立ちあがったとき、ミスティは髪に何かがさわった気がした。視界の隅を蛾が横切っていき、彼女は悲鳴をあげた。「髪についていない?」
「刺したりはしないよ」レオーネは少しも慌てずに、蛾を外へ追い払った。
 ミスティはベッドの柱にもたれ、青い顔をして乱れた息を整えようとした。その姿を、金色に光るレオーネの瞳がとらえた。彼の視線を感じ、ミスティの全身が熱くなる。
「そうやって立っていると、何も着ていないみたいだ」ゆっくりと息を吐いてレオーネが言った。
 下を見ると、薄いシルクが炎を背にして透けている。ミスティは慌ててベッドに戻ろうとしたが、その前にレオーネの力強い腕に抱き止められてしまった。


 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。