マイリストに追加

和書>マルチメディアオーディオブック文芸童話・詩

オーディオブック ルルとミミ

オーディオブック ルルとミミ


発行: パンローリング
価格:190pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 夢野 久作(ゆめの きゅうさく)
 日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。
 1889年(明治22年)1月4日−1936年(昭和11年)3月11日。
 他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。

解説

 あらすじ
 むかし、水晶のように美しい湖のふちにひとつの小さな村がありました。
 この村にルルとミミという兄妹が暮らしていました。
 村唯一の鐘造りであった父親は、音の出ない鐘を造ってしまったことを恥じて、湖へ身をなげてしまいました。
 ルルは父親に代わって新しい鐘を造りました。
 妹も村の人々も大喜びでその音を聞くのが楽しみでした。
 しかし鐘は鳴りませんでした。
 悲しみにくれたルルは、泣きつかれて眠る妹のミミを残して、父のように湖の底へ自ら沈んでいってしまいました。
 それから毎日ミミは湖のほとりで泣き続けていましたが、あるとき睡蓮の花がミミに向かっていいました。
 花の鎖を作って湖の底にある真珠の御殿へ行きなさい。
 そこに住む女王様の所に兄はいます、と。
 ミミは花の鎖を作って、御殿を目指して湖の底へ沈んで行きました。

 「ルルとミミ」は大正15年、九州日報にて日本で初めて切絵を使った童話として「とだけん」の名義で発表されました。
 とても綺麗な文章で綴られる、不思議で悲しいお話です。

 ※ この作品は音声データ(約49分)のみで構成されています。本文のテキストは含まれませんので、ご了承下さい。
   また、必ずご購入前に再生可能か無料サンプルでお試し下さい。
   無料サンプルを再生できない場合は、大変申し訳ありませんがご購入をお控え下さい。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。