マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

愛なきハネムーン 華麗なる転身 III

愛なきハネムーン 華麗なる転身 III


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス華麗なる転身
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★2
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

 ■上手に演技して彼を虜にしてみせる。自由を求める花嫁の危険な冒険が始まった。

 ■「ついにお前が役に立つときがきた。夫を見つけてやったぞ」ギリシアの大財閥を率いる養父の言葉に、イオーネ・ガキスは全身を揺さぶられるほどの衝撃を受けた。婿をもらい、“ガキス・ホールディングス”を継げというのだ。自分を道具のように扱う養父に怒りを覚えたものの、服従を強いられ続けてきたので受け入れるしかなかった。だが、結婚相手の名を聞いてイオーネは呆然とする。アレクシオ・クリストウラスキ! 二カ月前、彼のヨットが時化を避けてガキスの島に寄ったとき、イオーネは屈辱的な思いをさせられていた。あんな傲慢な人と結婚するなんて……。しかし次の瞬間、イオーネは希望に目を輝かせた。そうよ、花婿を利用して、自由へのパスポートを手に入れるのよ!

 ■父親の思惑でプレイボーイのアレクシオと結婚する羽目になったイオーネ。でもいつしか彼を愛してしまっている自分に気づき……。彼女の愛はアレクシオに届くのでしょうか?

抄録

 本当はわたしの意見などどうでもいいくせに。イオーネは伏せた茶色のまつげ越しに彼を見た。アレクシオとまともに目を合わせるたび、彼の魅力に砕かれそうになってしまう。「わたしはあなたが言ったことのすべてに賛成よ」
「何か僕に要求してくれないと困る」
「ハネムーンはパリがいいわ」イオーネは思いきって言った。「パリに家があるんでしょう?」
「カリブ海にもとてもきれいな別荘があるよ」
 こんな些細なことにすら、けちをつけたいのね。他人の意見を受け入れようとしないのは、成功を収めた冷酷な人たちに特有の欠点よ。アレクシオにはどうしてもパリに行ってもらう。パリでわたしは自由を手に入れるのだから。遠いカリブ海の別荘を舞台にしゃれた蒸発劇を演じるのは、イオーネにとってあまりに荷が重かった。
 イオーネが返事をしないので、アレクシオは驚いたようだった。「船で行けるよ」
「船酔いするわ」イオーネはとまどいを隠そうと、そっけない口調で嘘をついた。
 パリか。あの街にはクリスタルとの思い出が詰まっている。アレクシオは一瞬ひるみかけたが、イオーネが不安げに上目遣いでこちらを見ているのに気づき、彼女の望みをかなえてやらないのは身勝手すぎると感じた。「じゃ、パリにしよう……」
 その瞬間、イオーネは今まで見せなかった明るい笑みを浮かべた。はっとするほど顔全体が輝いたのだ。アレクシオはきらきらする緑色の瞳を見つめ、下腹部が硬くなるのを感じた。彼女がそばにいるとこうなってしまう。大好きな街の思い出を新たに作るのも悪くなさそうだ。
「絵のコレクションを見せてあげるわ」アレクシオとの闘いに勝ち、最悪の事態を免れたイオーネは、思いきって主導権を握ろうと試みた。
 だが、アレクシオはいきなりイオーネを引き寄せると、両手で彼女の手を取り、それからほっそりした肩へと滑らせた。「その前に……」
 だめよ。だめったらだめ! イオーネの内なる声が金切り声をあげた。わたしに触れるなんて絶対に許されないことよ。自分を守るために彼女は全身に力をこめ、アレクシオに拒絶の合図を送った。
「怖がらなくていい」アレクシオはかすれ声でゆっくりとつぶやいた。彼女が身をこわばらせるたびに、アレクシオはその防御壁を打ち砕き、美しい緑色の瞳が彼を激しく求めるさまを見てみたいと思った。
 くぐもった金色の瞳と視線がぶつかり、イオーネはめまいを覚え、心臓が一瞬止まったように感じた。あとずさりしたいのに、ただ息を詰めて立ちつくすばかりだった。なお驚いたことには、心とは裏腹に体はいかにも男性的なアレクシオを求め、前へと進もうとしていた。いつもの強い自制心はどこへ消えてしまったの?
「アレクシオ……」口をついて出た声は、自分のものとは思えなかった。
 彼は大きくセクシーな唇をイオーネの唇に重ねた。そして、喉の奥から声をもらしながらキスを深め、彼女の柔らかな口の中を味わった。官能的な興奮のとりことなったイオーネの体は、肌の細胞を通して伝わってくる感覚の嵐にあおられ、緊張と弛緩を繰り返した。胸は彼の厚い胸に押しつぶされ、体の芯まで興奮しきっていた。
 アレクシオは頭を反らし、朦朧となったイオーネの瞳をのぞきこんだ。この程度で達成感を味わうなど、これまでの彼にはなかったことだった。「僕が初めて?」
 イオーネはいまだ立ち直れず、激しい鼓動と体を渦巻く興奮に呆然となっていた。「わたしにキスをした人? いいえ……」
 アレクシオは不意に手を離した。僕をだますつもりか? 僕が教えてやるまで、キスの仕方も知らなかったくせに! しかし、緑色の瞳から夢見るような表情は消え、イオーネは彼などもはや存在しないと言わんばかりに踵を返した。
「相手は誰だったんだ?」アレクシオは怒りに駆られて思わず問いただした。
 ばかな告白をしてしまい、イオーネは舌を噛み切りたい気分だった。傷つけられた記憶が四方八方から襲いかかってくる。だが、恐怖のほうがはるかにまさっていた。相手の名前を口にしたら、当然アレクシオは怒るだろう。そして、そのことが父の耳に入ったら、女性の純潔を重んじる父が激怒するのは間違いない。父は一方で売春婦たちと交渉を持っている偽善者ではあるけれど。
「漁師の息子だったわ。二年以上も前に彼がキ、キスをしたの。それだけのことよ」イオーネは震えながら嘘をついた。
 アレクシオは拳を固め、おもむろにその手を開いた。彼女はこの二年間、男性とキスをしなかったというのか? なぜだ? イオーネの告白はなんとも哀れで、無理やり聞きだした自分が恥ずかしくなった。このばかげた怒りはなんなのか説明がつかない。彼は改めてイオーネを見たものの、彼女は目を合わせようとしなかった。
 アレクシオの胸に、またもや激しい怒りがこみあげてきた。イオーネがこれほど青ざめているのは、漁師の息子との出来事が非常に大きな意味を持っているからだ。
 すべてを聞きだしたいという荒々しい欲望を、アレクシオは引き裂いた。


 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。