マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラーホラー小説

友達警察 下

友達警察 下


発行: キリック
シリーズ: 友達警察
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆2
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 世界的な大不況で国家財政が破綻し、無政府状態の〈暗黒時代〉を迎えた日本が、復興を果たすべく導入した「友達ポイント制度」──それは、国民を団結させるために生まれた友情主義に基づき、社会生活の中で何より「友情」や「愛情」を大切にするよう、十年前に新政府が導入した法律だった。国の管理下にある携帯端末で、相手と互いに「友達登録」をすると、政府公認の友達同士となり、新規の友達をつくったり友達とコミュニケーションを重ね友情を深めていくごとに、友達ポイントとして加算されてく。そして、そのポイントが高い国民は、食料品の値引きから進学や就職先まで、社会生活のあらゆる面で優遇された。逆に、二十五歳を過ぎて友達ポイントが0になると、社会不適合者として「施設」に送られてしまう。だから国民はみな友達ポイントを稼ぐのに必死だった。そんな中、高校に入学して一ヶ月も経つというのに、八神瞭一にはまだ一人も友達がいなかった。引っ込み思案な性格もあるが、瞭一はそもそも友達ポイント制度に疑問を抱いていた。しかし、それを公然と批判することはできない。そんなことをすれば、反友達主義者の烙印を押され、やはり「施設」行きになるからだ。警察とは別の治安組織である友情省警保局──通称「友達警察」によって。だがある日、同級生の心ない一言に思わず、友達ポイント制への批判を口にしてしまう瞭一。教室内に緊張が走る。と、女生徒の一人が瞭一に近づいてきて告げた「私と友達になりましょう」。それは、以前から友達ポイント制への批判を公言してはばからない問題児、北崎雪乃だった。才色兼備の美少女だが、みな面倒事をおそれ敬遠しているせいか、彼女も友達は一人もいない。瞭一は少しためらいつつも雪乃と友達登録をした。それが自分の運命を大きく変えることになるとも知らずに……。

『友達ー♪  友達ー♪  友達たくさん、つくろうねー♪』間の抜けた歌を響かせて、「施設」送りにするために、友達警察がやってくる……本物の友情とは何かを問いかける、近未来モダンホラー後編!

抄録

 護送車から降りると、そこは屋内だった。
 コンクリートの打ちっぱなしになっていた。
 寒気がする。言いようのない悪寒に襲われる。
 周囲から、何人もの屈強そうな男たちがやってきた。
 護送車が、移動を始める。外の世界との接点は、これで完全に絶たれてしまった。
 北崎一郎の言っていたことは、間違ってはいない。これからの自分の、おそらくは残り少ない人生において外の世界など関係ない。この「施設」内で、自分の人生は終わるのだ。
 罪人は罰をうけなければならない。
 理由はどうあれ、雪乃を裏切った。その罰をこれからうけようとしている。
 まわりの男たちはみな友達警察と似たような制服を着ていた。細かいデザインは違うが、見るものを威圧する意匠であることには変わりない。
「お前……なかなか外の世界で、すごいことをしてきたようだな」
 男たちの一人が下卑た笑みをもらした。
「お前のことはしっかり『可愛がってやれ』と、警保局長どのじきじきのお達しだ。ただあんまりあっさりくたばらせるなとも言われている。運が良かったな、お前」
「おいおい、あんまりイジメてやるなよ」
 別の看守が嗤った。
「ここにだって二年も生き延びている奴がいるんだからな。坊主、希望を持てよ。そうすればそうするほど……苦痛も増える」
 瞭一はなにも答えなかった。怯えてうまく頭が働いていないというのが正解かもしれない。
「あーあ、すっかりぶるっちまっている」
「ま、とりあえず、いつもの『儀式』から始めるか」
 男たちは瞭一の腕をつかみ、ひきずるようにしてコンクリートの空間からある程度の大きさのある部屋へと連れていった。鉄臭い匂いと吐瀉《としゃ》物の匂いが交じり合い、凄まじい悪臭となってたちこめている。
 だが男たちは特に気にした様子もなかった。おそらく慣れっこになっているのだろう。
 壁や床には赤黒い染みのようなものが染みついている。それがなにか、瞭一はなるべく考えないようにした。
「小僧……服を脱げ」
「え?」
「え、じゃないよ」
 看守が苛立たしげに言った。
「ここでは看守の命令は絶対だ。質問も、抵抗も許されない」
 しかし何人もの男たちがこちらを見ているのだ。全裸になるのはいささか抵抗があった。
「ちっ……なに、ぐすぐずしてやがる」
 一人の看守が警棒を持って近づいてきた。どうやら苛立っているようだ。
 次の瞬間、腕に警棒が押し当てられた。信じられないような痛みが炸裂する。
「うあああああああああああああっ」
 勝手に声がほとばしった。
 激痛、などという生易しいものではない。神経そのものにガラス片でもまぶされたかのようなその感覚は、ただの痛覚というよりも物理的な実体を伴っているように思えた。頭のなかが真っ白になる。手が自然に痙攣している。
 が、その苦痛もすぐにおさまった。
「おいおい、この程度で音を上げられたら、これから先、どうするつもりなんだよ」
 看守の一人があきれたように肩をすくめた。
 おそらく警棒から高圧電流が流されたのだろう。電流をうけると痛みを感じると聞いたことはあるが、まさかこれほどだとは想像もしていなかった。
「ほら……早く脱げ」
 瞭一はまだ痺れる右手を不器用に動かしながら、服を脱ぎはじめた。
 ここではなにも考えないほうがいい。とにかく言われたとおりにするのだと本能が告げている。
 生まれたままの姿になると看守たちが笑った。
「いままで結構いい生活してきたみたいじゃないか。ガリガリの体じゃなくて、筋肉も脂肪もほどよくついてる」
「じゃあ、うつ伏せになってケツをこっちにむけろ」
 意味がわからない。だが、とにかく言われたとおりにするのが生存への道なのだ。
「ほら、ケツをもっと高く上げるんだよ、クソがっ」
 尻のあたりを、かなりの力で蹴りつけられた。先ほどの警棒の電流に比べれば、まだ耐えられる痛みだ。
 それにしてもなにをされるか想像もできないというのは恐ろしい。
 ふいに冷たい金属のようなものが肛門のあたりに触れる感触がやってきた。
「ひゃっ」
 つい間が抜けた声をあげてしまう。
「まあ、滅多にいないが、たまにいろいろとケツの穴に詰めて、外のものを持ち込もうとする馬鹿がいるんだよ。いまやっているのはその検査ってわけだ」
 肛門の奥深くまで冷たい器具のようなものが入り込んでくる。その異物感に嫌悪の念を覚えた。
「よし……さすがにシロだな。さて、では小僧……いまから、お前の名前を奪う」
 器具を引き抜かれてほっとしたとたん、奇妙な言葉を聞かされて呆然とした。
「お前、外の世界で名前があったろう。このなかではその名前を使うことは許されない。ここでは人間はみんな番号で呼ばれる。理解したならこっちを向け」
 床に這いつくばって回転しながら瞭一はうなずいた。もはや自分がどんな惨めな姿かという自覚もない。
 看守たちはいままで見たこともない機械を手にしていた。携帯端末に少し似ているが、どんな用途のものか見当がつかない。未知のものがこんなに恐ろしいものとは思わなかった。
 機械には数字が表示されている。

 02828774

「この数字が見えるか?」
「は、はい」
 瞭一の声は震えていた。
「これがここでの、これからのお前の番号だよ」
 外の世界での名前は剥奪され、これからは数字で管理される存在になりはてるということらしい。
「よーく、この番号を覚えておけ。これからはこの番号が、お前そのものとなるんだからな。お前の番号を暗証してみろ」
「02828774……です」
「声が小さい!」
 再び警棒が取り出された。
 今度は太もものあたりに警棒があてられる。次の刹那、またとてつもない痛みが炸裂した。
 何百本もの巨大な釘をハンマーでいっせいに打ち込まれたかのようだ。関節から下腹のあたりまで、激痛といったものなど生ぬるい、ほとんど人間が耐えられる限界の痛みは続いた。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。