マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクションルポ・ドキュメント

プロジェクトX 挑戦者たち 情熱が奇跡を呼んだ チェルノブイリの傷 奇跡のメス

プロジェクトX 挑戦者たち 情熱が奇跡を呼んだ チェルノブイリの傷 奇跡のメス


発行: 日本放送出版協会
シリーズ: プロジェクトX 挑戦者たち
価格:100pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 1986年4月26日。旧ソ連ウクライナで人類史上最悪の事故が発生した。チェルノブイリ原子力発電所4号炉の爆発。大量の放射性物質が発生、その多くが風下に位置したベラルーシに流れ、間もなく悲劇が始まった。子供達に甲状腺ガンが多発し始めたのである。現地の病院での手術を受けた子供達の首筋には大きく醜い傷が残った。
 その時、一人の日本人医師が立ち上がった。信州大学医学部の外科医、菅谷昭。父は、24時間年中無休の町医者。もっと患者と向き合いたい、そんな思いを抱き続けていた菅谷は、ベラルーシに渡ることを決意する。
 ベラルーシでの菅谷のたった一人での闘いが始まった。
 やがて菅谷の高い手術技術や、患者との交流に心打たれていく若い現地医師たち。いつしか菅谷のアパートに医師たちが集まり、勉強会が開かれるようになった。菅谷は、彼らに自分の手術技術の全てを伝えた。
 さらに菅谷の活動は続く。病院を飛び出し、手術をした患者の家、一軒、一軒、訪ね、診察を繰り返した。脳裏には、父の姿がよぎっていた。24時間、患者と関わり続けられることに喜びを感じた。
 そんな菅谷の活動に共感し、菅谷を支えようと奮闘する1人の男がいた。28歳の若手医師、ゲンナジーだった。そんな二人の姿を見た他の若手医師たちも、菅谷の訪問診療に同行するようになる。
 やがて菅谷たちの努力は、ある一つの奇跡を産んだ……。
 世界最悪の事故と対峙した、日本人率いる医師たちの5年半に及ぶ闘いを描く。

目次

一 医師のあるべき姿を追い求めて
二 「傷」との格闘
三 患者たちの「その後」への思い

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。