マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクションルポ・ドキュメント

プロジェクトX 挑戦者たち 情熱が奇跡を呼んだ プラズマテレビ 愛の文字から始まった

プロジェクトX 挑戦者たち 情熱が奇跡を呼んだ プラズマテレビ 愛の文字から始まった


発行: 日本放送出版協会
シリーズ: プロジェクトX 挑戦者たち
価格:100pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 平成4年。日本で21世紀の世界商品が生まれた。プラズマテレビである。
 42インチの大画面にして、薄さわずか9センチ。どの角度から見ても鮮明な高画質映像。ブラウン管、液晶に代わる「第3のテレビ」といわれる。開発に成功したのは、大手情報・通信機器メーカー富士通の「窓際」事業部の技術者たちだった。
 オイルショックが日本経済に打撃を与えた昭和48年。合理化の嵐吹き荒れる富士通に、一人の研究者が入社した。篠田傳(つたえ)、25歳。配属されたのは、兵庫県・明石工場。昭和39年にアメリカで開発されたモノクロ(黒地にオレンジ)プラズマディスプレイの製造特許を取得し、ガソリンスタンドのメーターやバスの行き先表示を作っていた。しかし、販路は限られ、毎月3千万円の赤字を計上。お荷物部署と呼ばれ、存続の危機にあった。
 大学でPDPの原理を学んだ篠田は、その可能性にかけていた。「プラズマでカラーテレビを作れないか。」篠田は、赤・青・緑、三原色の蛍光体を使い、試作機を作った。最初に表示したのは「愛」の文字。「技術を育てるのは愛だ」と信じていた。しかし、その矢先、病魔が篠田を襲う。過労がたたり急性肝炎で2年間入院。開発は打ち切られた上、明石工場の研究部門は廃止された。
 やっと退院した篠田は、製造ラインで働く若者達に声をかけ、居酒屋でプラズマテレビの可能性を説き続けた。赤字続きで自信を失っていた若者達。仕事の合間に、篠田の地道な試作品作りを手伝い始めた。しかし80年代、液晶テレビが登場。「プラズマに勝ち目はない」との声が上がる。篠田は、液晶では難しい大型化に賭けるしかないと決意。開発の命運をかけ、エレクトロニクスショーに大型試作機を出展する。しかし、画面に黒い断線が走り、試作機はダウン。「会社の恥だ。」罵声が浴びせられた。
 背水の陣で、課題の解決に当たる篠田達。画質を良くするには、パネル内部のミクロン単位の歪みを解消しなければならない。その時、女神の手が奇跡を起こした。
 技術への愛を信念に、逆境を乗り越えて開発に打ち込んだ研究者の執念と、それを支えた人々の逆転のプロジェクトを描く。

目次

一 「ガリレオ」の情熱、夢のテレビに挑む
二 立ちはだかる病魔、プラズマの危機
三 女神の指先が、夢の扉を開いた

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。