マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクションルポ・ドキュメント

プロジェクトX 挑戦者たち 情熱が奇跡を呼んだ 炎の突撃作戦〜鉄鋼マン大震災と闘う

プロジェクトX 挑戦者たち 情熱が奇跡を呼んだ 炎の突撃作戦〜鉄鋼マン大震災と闘う


発行: 日本放送出版協会
シリーズ: プロジェクトX 挑戦者たち
価格:100pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 1000万ドルの夜景とうたわれる港町、神戸。1995年1月、美しい町は瞬時に瓦礫と化した。戦後最大の災害、阪神淡路大震災である。
 最も大きな被害を受けた企業は、神戸製鋼。本社は倒壊し、工場の岸壁は崩れた。そして心臓部である鉄を生み出す高炉が停止した。生産していたのは特殊な鋼。自動車エンジンのバルブのバネに使われていた。実に、世界シェアの6割を占めていた。「このままでは、自動車産業がパニックになる」と3千人の鉄の男たちが立ち上がった。その多くが被災者だった。避難所や壊れかけた家に家族を残し、不眠不休の作業が始まった。
 最大の課題は、高炉本体の復旧だった。内部に眠る2000トンの鉄がこのまま冷え固まれば、高炉は鉄くずと化す。熱いうちに高炉に穴をあけ、ショベルカーでかき出す前代未聞の作戦が始まった。
 しかし、開けてみると皆息をのんだ。有毒なCOガスが噴き出した。更に内部の温度はまだ1300度。水をかけると水蒸気爆発が起きた。その中へ、男たちは敢然と足を踏み入れた。
 未曽有の災害からの復旧に、総力を挙げて取り組んだ鉄の男たちの壮絶なドラマを描く。

目次

一 高炉緊急停止
二 前代未聞の復旧作戦
三 サラマンダーとの闘い
四 燃え上がる復興の炎

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。