マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌旅行トラベル会話集その他言語

旅の指さし会話帳15 マレーシア[第二版]

旅の指さし会話帳15 マレーシア[第二版]


発行: 情報センター出版局
シリーズ: 旅の指さし会話帳
価格:1,143pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 戸加里 康子(とがり やすこ)
 この人のマレーシア語歴はなかなかに華々しいものがある。1989年の一人旅をきっかけに勉強を始め、90年・東京外国語大学の授業にもぐり、91年・マラヤ大学に留学(2年間)、94年にはNHKに入局し、国際放送局(ラジオジャパン)のディレクターとなる。「原稿のチェックをしたり、“キュー”って言ったりしてました」。しかし、まだやり残したことがあるとの思いで99年に退局し、クアラルンプールに移住。日系企業で働きながら、外食の全てをデジカメで撮影したり、ハンドボールチームの友達と遊んだり……の日々を楽しむ。その頃書き上げた本書の第一版は、様々な生活の場面でたくわえた、生きたマレーシア語が凝縮されるものとなった。1969年名古屋市生まれ、一橋大学社会学部卒。第一版の刊行から9年、東京からマレーシアに通いながら、現在はその成果を論文の形でまとめようと試行錯誤中。一橋大学大学院博士課程に在学している。

解説

 海外旅行に・語学学習に「指さし」! 累計510万部突破のベストセラー旅行会話集『旅の指さし会話帳』シリーズが電子書籍で登場!
 喋れなくても、聞き取れなくても大丈夫。『旅の指さし会話帳』は「指さす」だけで通じます!
 ◆厳選された使えるマレーシア語を4000語以上収録
 ◇本編・単語集すべてに読みガナつき
 ◆親しみやすいイラスト満載
 個人旅行や出張・留学にもぴったりの本書。多民族国家・マレーシアをより楽しんでいただくため、マレーシア語だけではなく華語(マンダリン)・タミル語にも対応。ますます現地での会話がはずみます。マレーシアの生活文化や風習・グルメも楽しいイラストと共にたっぷりご紹介。眺めるだけでも楽しい旅行会話集です。
 ◆「旅の指さし会話帳」及び「YUBISASHI」は株式会社情報センター出版局の登録商標です。
 「YUBISASHI」は国際商標登録済みです。

目次

 親愛なるマレーシアの皆さんへ
 第1部 『旅の指さし会話帳』本編
 第2部 マレーシアで楽しく会話するために
 第3部 日本語→マレーシア語 単語集
 第4部 マレーシア語→日本語 単語集
 あとがき

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。