マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラーホラー小説

実験地区13 下

実験地区13 下


発行: キリック
シリーズ: 実験地区13
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆3
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 狂気 太郎(きょうき たろう)
 第一回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞受賞。灰崎抗名義で『想師』(学習研究社・刊)ほか発表。インターネット上でも自身の作品を公開。代表作は『殺人鬼探偵』『ずれ』など。

解説

 二〇三一年、日本──生活保護制度が廃止され、働けない人間は政府が運営する「実験地区」に送られる社会。実験地区とは、国が将来のあらゆる事態を想定し、隔離した区域内に特別な環境や制度をつくり、その中で人間がどの程度適応できるのかを探る場所。全国に十四カ所ある実験地区には、住民が自ら食料や生活必需品を生産しなければならない「自給自足経済地区」、他人との接触がコンピューター上の仮想空間に限られる「サイバーコミュニティ地区」もあれば、あらゆる病原菌を蔓延させて感染状況や耐性獲得の可能性を調べる「無治療疫病地区」、住民に大量の武器と少量の食料を与えて争わせ現代日本人の攻撃性などを研究している「戦争地区」といった、極めて非人道的な実験を目的とする場所もあった。
 突然の列車事故で両親を亡くした久世明人は、高校二年という若さで、実験地区に送られることになる。その移住先に指定された第十三実験地区は、最低限の公共サービスと生活費が与えられるものの、地区内に警察を含めた公的機関はいっさい存在しない。つまり、法を犯しても取り締まる者がいないため、そこは殺人すらも許される、文字どおり「無法地区」だった。それを証明するように、入所初日から人が殺されるのを目の当たりにする久世。だが同時に、地区内には「自治会」が存在し、ちゃんと機能していることを知る。月会費さえ支払えば、最低限の安全が保証されるというのだ。しかし、自治会の会員となり、無法地区の生活にも慣れてきた頃、久世はあるイザコザから自治会のルールを破ってしまう。普通なら規定に従い裁かれるところだが、そこで久世を「ハンター」に採用してはどうかとの提案が出る。聞けば、無法地区であるのをいいことに、ここには趣味で人を殺すような殺人鬼が大勢やってくるらしい。そして、そいつらを狩るのがハンターの仕事だという。かくして、処罰は免れた久世だったが、自治会のハンターになるべく、「出張肉屋」と呼ばれる殺人鬼を一人で始末するという過酷な試練を与えられたのだった……。

 無法地区で繰り広げられるハンターと殺人鬼の血みどろの狂宴……鬼才・狂気太郎が満を持して放つ、限界マッドホラー・下巻!

目次

 第六章 連鎖反応
 第七章 悪の首脳会談
 第八章 虐殺祭り
 第九章 この世界の真実
 エピローグ

抄録

  飛び散る脳味噌が見える。床にへばりついた髪の毛の束が見える。根元に頭皮と頭蓋骨の欠片《かけら》がついている。
 僕はショットガンを撃つ。ラーテル。先台をスライドさせて次弾を送り込み、また撃つ。スライド。また撃つ。十メートル。僕の有効射程。上達すれば伸びる。頑張らねば。
 殺人鬼の顔。泣いているような笑っているような。涙は出ていなかったから笑っていたのかもしれない。でも散弾で吹っ飛ばしたのでもうわからなくなった。
 撃たれる。撃たれていない。当たっていない。こっちも撃つ。外れた。当たった。相手の腕がちぎれた。血がボダボダと落ちていく。ボダボダボダボダ。
 ミッキー。銃をこっちに向けるな。ゾクリとくる。僕のラーテルもミッキーに向いてしまっている。引き金を意識する。人間なんて指一本の動きで死んでしまうのだ。
 壁に並ぶ肉。人間の皮。水槽に浮かぶ肉塊。強烈な防腐剤の匂い。鼻につく。吐き気。僕は大丈夫だ。冷蔵庫が開く。ゆっくりと。中にビニール袋が並んでいる。移植用の内臓が収まっている。燃えている。炎の中でさなぎがもがく。違う、ダルマのワゴン。フライパンの上でソーセージが跳ねるみたいに、ダルマが身をくねらせて苦しんでいる。ワゴンが滑る。ガソリンの使いすぎだ。もったいない。
 闇の町。銃声。どこかで誰かの悲鳴。いつものことだ。気にしないよ。ライトが移動する。ガード達。闇の中を静かに、移動する。
 ハサミ。外縁を鋭く砥ぎ上げたハサミが閉じたり開いたり。シャキシャキ、シャキシャキ。喉を裂かれた男達が唖然とした顔で、一列に並んでいる。パックリと開いた傷口から滝のように血が流れ、床に溜まっていく。水位がじりじりと上がっていく。靴が濡れる。靴の中に入った。ズボンが血の海に浸かる。この調子だと天井まで上がりそうだ。溺れ死ぬかも。
 なんで俺がこんな目に。なんで殺されなきゃならないんだ。男が泣きながら言う。あんたも人を殺したんでしょう。だから賞金が懸かったんですよ。仕方がないですよね。ここはそういう場所なんだから。僕は引き金を引く。頭が吹っ飛んだ。一瞬前まで泣いていたのに、今は動かない、ただの肉の塊だ。
 寒い。手足が冷える。寒い。心が冷たく沈む。景色が薄暗く、灰色にくすんでいく。
 僕は狂っていない。まだ、大丈夫だ。
 マッハパンチ。何度も練習した。でも間違える。途中で引っかかってうまく出ない。指の使い方。僕の手が吹っ飛ぶ。こんな危ない隠し武器を選んだから。普通の拳銃の方が無難だったのに。
 足がなくなる。撃たれたせいか。それとも斧で切り落とされたか。もう歩けない。でも僕は内心ホッとする。もう殺し合いに参加しなくていい。人を殺さなくていい。車椅子のトニオが先輩だ。トニオが笑う。お前、手がないから大変だぞ。そうか。手も吹っ飛んでしまったからな。
 もう、死んだ方が楽なんじゃないか。生きていても、つらいことばかりじゃないか。味方なんていないよ。親も死んだ。僕が死んでも、もう誰も悲しんだりしない。
 役所の女の顔が浮かぶ。僕に実験地区を選ばせた女。上っ面の愛想笑い。他人事だからな。あの女も無職になって、この地区に来ればいいのに。
 ラーテルがない。ショットガンが。ラーテルはどこだ。あれがないと僕は……。
 仮面。黒と赤。左右で色の違う仮面。サトリの目が僕を見据えている。僕のみっともない、情けない、薄汚い、残忍な、人間の底を。
 ここは現実ですよ。不生が告げる。
 わかっています。僕は答える。答えながら、内心はわかりたくないと思っている。
 不生の横にまといが立っている。彼女はいつも厳しい顔で、そしてちょっと寂しげに、不生を見ている。もちろん、僕の方など見てはくれない。彼女の頬にある傷。彼女だって不死身じゃない。いつか死ぬ。頭が吹っ飛ぶのか。首から上がなくなって、血を噴き出すことになるのか。それとも腹が破れて腸をドロドロとはみ出させることになるのか。不生は相変わらず、黒と赤の仮面をかぶって僕を見ている。
 僕はヒーローになりたかった。世の中の理不尽を吹き飛ばし、皆を幸せにする力が欲しかった。しかし僕はただの凡人で、ショットガンを持って駆けずり回っている。
 ああ、指が、ない。もう、生えてこない。
 ここは、現実ですよ。不生が告げる。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。