マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

悲しきロック

悲しきロック


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ダイアナ・パーマー(Diana Palmer)
 シリーズロマンスの世界で今もっとも売れている作家の一人。総発行部数は4200万部を超え、ニューヨークタイムズを含む各紙のベストセラーリストにもたびたび登場。かつて新聞記者として締め切りに追われる多忙な毎日を経験したことから、今も精力的に執筆を続けている。ジョージア州在住。大の親日家で、日本の言葉と文化を学んでいる。家族は夫と息子の三人。

解説

 サビナは私生児として育ち、貧しい日々を生き抜いてきた。そんな彼女をずっと支え続けてくれた親友が、ようやく片思いを成就できそうだと聞いて、サビナは喜んだ。ところが二人の恋路を相手の兄が邪魔しているという。冷酷と噂の石油会社社長ソーン──政略結婚させるため、弟を恋人と引き離そうとするなんて、ひどすぎるわ! ある日、親友のホームパーティに出かけたサビナは、尊大な男に強引に誘惑をしかけられ、体に電流が走るのを感じた。サビナは夢にも思わなかった……彼が親友の敵、ソーンだとは。

抄録

 男たちが穴を掘っているのを見たあと、引き返してくる道々、ソーンは驚くほど親切にその新しい発掘所についてサビナに話して聞かせた。サビナも素直に耳を傾け、感嘆の声をあげた。そんなふたりを見て、アルは心から喜んだ。これほど親しげなそぶりを見せるソーンを見たことがあっただろうか。そのアル自身、ウエスタン・スタイルのせいか、いつもとずいぶん違って見える。もっとも、彼のジーンズは新品でデザイナーのラベルが縫いつけてあり、グレーの帽子は羽根のようにすべすべしていて、あきらかに洗いざらしのジーンズをはいたソーンにくらべると、はるかに都会的に見える。
「ここはほんとうにすばらしいよ」アルが兄に話しかけた。
「そうか? うれしいね」ソーンは片方の目が隠れるほど斜めに帽子をかぶりなおした。「牡牛に焼印を押すのを手伝わせてやるよ」
「それは無理だよ、ソーン」すかさず答えて、にっと笑ってみせる。
「だろうな。だが、おまえももっとちょくちょくここへ来たほうがいいぞ。机の前に座りっぱなしなんて、健康によくないからな。パーティばかりやって騒いでるのも考えものさ」そう言って意味ありげな視線をサビナに向けた。
「どっちにしろ無理だよ。サビナと結婚すれば、その時間もなくなるしさ」
 その言葉がソーンに攻撃を開始させてしまった。ソーンは馬の向きを変えると、恐ろしい目でアルをにらみつけた。
「結婚は大きな問題だ。彼女の仕事はどうする? おまえとの家庭のために、捨てられるかな?」
「じゃあ、彼女が仕事をつづけたいとしたら? 女性が自立していくことのどこがいけないのさ」
「ばかばかしい。彼女の自立は、おまえの自立を妨げるだけだ。ショートパンツ姿の彼女がほかの男に色目を使っても、おまえは平気でいられるのか?」
「色目を使ってるなんて、ぼくは思わないよ」
「そうかな? おれにはそう思えるがな」ソーンは表情ひとつ変えずに答えると、鞍の上に日焼けした手をのせてサビナを見つめた。「きみは弟になにをしてやれるんだ? きみはツアーに出ていることのほうが多いと思うがね」
 考えてもみなかった質問だった。音楽は、サビナの生命の一部だ。切り捨てることなど考えられない。しかし、婚約したことになっている以上、なんとか答えておかなければ。「そうねえ、家にいて、赤ちゃんを産むわ」か細い声で答えて目を上げると、石油貴族の奇妙な表情と目にぶつかった。突き刺すような視線はゆっくりとサビナのからだをすべりおりていき、おなかの上で止まった。信じられないことに、サビナは恥ずかしさでまっ赤になった。
「ねえ、もっとほかのところを見に行きましょうよ」あわてて話題を変える。「なんだかおなかもすいてきたわ」
「昔の人はね、道々牛を屠殺していったんだよ」アルがにっこりして言った。
「生きたビーフ」サビナはいたずらっぽい笑顔をソーンに向けた。「歩くステーキ……」
「純血種の食用牛《ヘレフオード》にちょっとでも触れてみろ、その腕をへし折ってやるからな」唇の端にかすかな笑みが浮かんでいる。
「人の楽しみをじゃまする人ねえ」
「あれは純血種なんだぞ、へんなこと言うな!」
「わかったわ。じゃあ、いいこと教えてあげる。血統書も一緒に食べちゃえばいいのよ」
 思いがけず、ソーンのブルーの瞳が明るく輝いた。アルは思わずこぼれてくる笑みをかろうじて抑えた。こんなソーンを見るのはほんとうに久しぶりだ。物心ついてからというもの、ソーンはほとんどいつも冷酷な顔をしていて、かすかな笑みすら見せたことがなかった。サビナは、ほんのわずかながらソーンに魔法をかけることに成功したというわけだ。
 サビナはため息まじりに肩をすくめた。「もしわたしがおなかをすかして倒れて死んじゃったら、それはみんなあなたのせいよ。覚えておいて」
 ソーンはもう一度小さな笑い声をあげた。「冗談じゃない。さあ来いよ、食べさせてやるから」そう言うと馬の向きを変え、さっそうとゲートを開けに行った。
 サビナは、心臓をドキドキさせながらそのうしろ姿を目で追った。急に心が軽くなったようだ。ひどくうきうきした気分になってくる。
 ソーンの背中を優しく見つめながら、サビナは言った。「ジェシカがね、彼のことをほんとうは寂しい人なんだって言ってたわ。そのときは信じなかったけど、いまならわかるような気がするわ」
「兄は孤独を選んだんだ。けっして気を許しちゃいけないよ、サビナ。きみにはぜったいにわかりっこないさ。兄はね、きみを安心させておいて、それからやおら踏みつけてくるんだ」
「気をつけるわ」サビナはぽつりとつぶやいた。結局、これはただのゲームじゃないの。「結婚式にわたしを招んでくれるのを忘れないでよ」
「新婦の介添え役をやってくれてもいいんだよ」アルがにっこりしてからかう。
「どうしてあなたみたいな人と友だちになったのかしら」
「幸運だろ?」

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。