マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ

古城に集う愛 魅惑の独身貴族 I

古城に集う愛 魅惑の独身貴族 I


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ魅惑の独身貴族
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 ダーシーはビジネスランチのケータリングに訪れた会社で、不手際からグラスを割って指にけがをした。居合わせた会社経営者のローガンに優しく気遣われ、思わずダーシーは彼にすがって泣き出した。私生活でショッキングなことが起こり、仕事中だというのに取り乱してしまったのだ。彼のシルクのシャツが私の涙で台なしに……。ダーシーは後悔の念に駆られ、後日、適当なシャツを見つくろってローガンに送り届けた。すると、いきなりローガンがダーシーの店に現れ、見知らぬ男に高価なシャツを贈るものではないと言い放つ。そのとき、ダーシーは彼が激怒する理由を知りもしなかった。

抄録

 ダーシーがきっと彼をにらんだ。「あなたまであの人を魅力的だと言うつもり?」
「いや」ローガンが答えた。「容姿にしろなんにしろ、ぼくは彼女になんの魅力も感じない数少ない男性のひとりだよ」
「それはよかったわ」ダーシーは淡々と応じた。
 ローガンが立って自分のグラスにウィスキーをつぎ足し、ダーシーのグラスにもつごうとした。だが彼女は首を振って断った。
「教えてくれ、ダーシー」彼はまたひと口飲んでから言った。「ぼくにはまだ信じられないが、仮にダニエル・サイモンがマーガレット・フレイザーと結婚するとして、きみはどうなるんだ?」
 ダーシーは身震いした。「出ていくわ!」興奮した様子で空のグラスを置く。「黙って受け入れるなんてできない。もちろん、家を出なくちゃ……」
「彼と住んでいるのか?」ローガンが厳しい口調で彼女を遮った。
「ここ数カ月の間だけよ。大学を卒業してから。ずっと一緒に住むつもりではなかったわ。九月に仕事に就くまでよ」
 ローガンが顔をしかめた。「しかし、きみは〈シェフ・サイモン〉のケータリング部門で働いているんだろう?」
「それも一時的なことよ。わたしは幼稚園の先生になる教育を受けたの」きのうまでは、その新しい仕事に就くのを楽しみにしていた。なのに、いまはお先真っ暗で何も期待できない。
 ローガンはふっと黙った。「どうもよくわからないな……」
 ダーシーはほほ笑んだ。「〈シェフ・サイモン〉では休日だけ働いているの。心配は無用よ。ちゃんと調理師学校へ行ったから。そのあとで、大人の食事をつくるよりも、子供相手の仕事のほうが好きなことに気づいたわけ。だから大学に入り直して幼稚園の先生になる資格を取ったの」
 ローガンがさらに顔をしかめた。「きみはいくつなんだ?」
「二十五歳」彼もみんなと同じように、わたしをもっと若いと思っていたのだろう。年をとれば若く見られるのはメリットだけれど、若いうちは何を言っても信頼されにくい。
 ローガンは深刻そうな顔をしている。「二十五歳なら、もっと分別があるべきじゃないか、ダーシー。つらいかもしれないが、ほかの誰かと結婚するという男に、いつまでくっついているつもりだ?」
 ダーシーにはわけがわからなかった。「でも、彼はまだ彼女と結婚していないわ」
「結婚するまで彼から離れない気なのか?」ローガンは怒ったように詰めより、彼女の両肩をつかんだ。
「当然だわ」ダーシーはきっぱり言った。「結婚までにはまだ時間があるもの。思いとどまらせることができるかもしれない」
 ローガンがうめいた。「ダーシー、きみは若くて魅力的な女性なんだから……」
「マーガレット・フレイザーには及ばないわね」ダーシーは言い返した。
「マーガレット・フレイザーなんかくそくらえだ」
 ダーシーの目が濃いグレーに輝く。「同感よ!」
「ああ、ダーシー……!」ローガンがつぶやき、頭を下げて彼女の唇を求めた。
 ダーシーにとって、それは想像だにしない成り行きだった。彼女はただその場に突っ立っていた。キスが深まると、頭がぐるぐるまわりはじめた。せわしなく背中を撫でられ、固い体に体をぴったり押しつけられているのを意識する。
 ダーシーの感情は高ぶった。いま、初めて知った。自分の中にこんな激しい情熱があったことを。ダーシーは彼の唇の下で口を開き、彼の体の熱をシャツの上からてのひらで感じた。
 ローガンが、彼女の髪のゴムバンドを抜き取り、束ねられていた髪を自由にした。唇で彼女の唇を味わいながら、シルクのようなやわらかい髪を指で梳く。二人の熱い吐息がまじり合った。
 ダーシーにもキスの経験はある。ただ、こんなキスは初めてだった。まるで体がローガンの体に溶けこんでいくようだ。やわらかい曲線が彼の体にぴったりと合わさった。
 しかし突然ローガンが唇を引きはがして、キスを終わらせた。彼は当惑して彼女を見下ろした。「ぼくは何をしているんだ? すまない、ダーシー」両手を彼女から引っこめ、ローガンは肩を落としていらいらと頭をかいた。「こんなはずじゃなかった。きみの助けになりたくて、ここへ連れてきたのに。危うくきみを抱いてしまうところだった。ぼくはただ……。いや、あの男はきみの父親ほどの年じゃないか!」
 ダーシーは深く息を吸った。ローガンのキスのせいで、まだくらくらして頭が働かない。「あの男って誰のこと?」
「ダニエル・サイモンさ」
 ダーシーは驚きをのみこんだ。なんの話だったかしら? きちんと考えられない。「ローガン、わたし、たぶん説明していなかったんだと思うわ、ダニエル・サイモンがわたしの父だということを」
 一年前に病気であっけなく母親が逝ってしまうまで、両親は長く幸せな結婚生活を送っていた。
 だからこそ、ダーシーは父の再婚の決意を知って取り乱したのだ。よりにもよって、あの派手なマーガレット・フレイザーと。女優としての仕事よりも、恋愛沙汰で注目を集めている女性だ。
 ローガンにまじまじと見つめられて、ダーシーはもう一度こみあげるものをのみこんだ。彼は言葉を失っている。その理由は察しがついた。わたしのことを身勝手だと思っているのだ。そうかもしれない。でも、この気持ちはどうにもならない……。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。