マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・イマージュ

いばらの恋

いばらの恋


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・イマージュ
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

 わたしにばかりつらく当たる彼。いっそ嫌いになれたらいいのに!

 看護師のジェニーは両親を早く亡くし、伯母に育てられた。その伯母が急病に倒れ、主治医と親しいオランダ人外科医、エデュアルト・ファン・ドラーク医師が診察にやってきた。名医だというが、彼はジェニーの名を覚えないばかりか、彼女を冷淡にあしらい、往診のたびに辛辣な皮肉を言う。伯母の命の恩人とはいえ、なんて嫌な男性なの! その一方で、彼が時折見せる優しさにジェニーは戸惑った。そんなとき従兄の美しい未亡人マーガレットが伯母を訪ねてきた。エデュアルトが彼女に魅了されていくのを見るうちにジェニーの心はなぜかさざめき立って……。

 ■優しく穏やかな書き口で、ファンの心を癒やすベティ・ニールズ。看護師とオランダ人医師の心温まるロマンスをお楽しみください。

抄録

「この暑さだ、たくさん飲んだほうがいい」教授はジェニーをさっさとカフェの屋外テーブルへ連れていき、椅子を引いた。「さあ、座って怒りをしずめてくれ。冷たい飲み物を飲んで、いきりたった感情を落ち着かせるんだ。何がいいかな? サングリアは試してみたかい?」
「いいえ。さっきはソフトドリンクを飲んだわ」
「だったらぜひ試してくれ」飲み物を注文したあと、教授は打ちとけた口調で言った。「こういうちょっとした時間を持つのは楽しいものだな」
 ジェニーは知らん顔をしていた。自分も同じように感じているのを認めて、教授を満足させたくなかった。「ベス伯母さまの具合はどうだった? よくなっているんでしょう?」
 飲み物が来るのを待ってから、教授は言った。「伯母さんは驚くほどよくなっているよ。もちろん百パーセント元に戻るわけではないが、少し気をつければ、以前とほとんど変わらない生活ができるだろう。パイプを吸ってもかまわないかい?」
 ジェニーはうなずき、教授がパイプをつめるのを見ていた。
 火がつくと、彼は言った。「君が仕事に戻るにはいい機会だと思うが?」
 ジェニーはかぶりを振った。「当分は無理でしょうね。ディムワース・ハウスは大きな屋敷だから、取り仕切るのが大変なの。でも、ベス伯母さまが本当に元気になったら、また仕事をさがすと思うわ」
「看護師の仕事を続けたいのかい?」
 ジェニーはサングリアをひと口飲んだ。とてもおいしい。「そうね……病院で働けば、自立していられるから」
「ディムワース・ハウスにいたら、世間一般のルールに従わなくてはならない?」
 ジェニーは教授が好きではないことを忘れていた。彼が傲慢で無愛想で、自分を嘲笑っていることも。悩みを口に出すと心が軽くなるものだし、彼は話しやすかった。「ええ」
「そしていつのまにか年を取り、最後にはハイミスになってしまう? 僕はそうは思わないが」
「ええ、違うわ……実は、ベス伯母さまは私を結婚させたがっていて……」
「その話は聞いたよ。トビーという男性だね。夫にふさわしい人物のようだが」
「ええ、でも、私は彼と結婚したくないの」そんなつもりもないのに、哀れっぽい声が出ていた。
「ここは自由な世界だ、ジェニー。それに君の人生は君のものだろう。その立派な若者とは手を切れ」
「もう何年もそうしようとしてきたわ。でも、彼はとても……いい人なの。私にはいい人すぎるのよ」
「君はいい人とは結婚したくないのかい?」教授の声は笑っているようだった。
「揚げ足を取らないで」ジェニーは言い返した。「私の言いたいことはわかるでしょう。彼は……その、別にあなたに言う必要もないことだけど、なんでも私の好きなようにさせてくれるのよ」
 教授は静かにパイプを吹かし、自分が吐き出した優雅な煙の輪をじっと見つめた。「なるほど。そして君は賢いから、それが自分のためにならないとわかっているんだね」
「私は決して……」ジェニーは言いかけてやめた。「彼は本当にいい人なの、さっきも言ったけど」そして、意地悪く付け加えた。「それに若いわ」
 教授は表情一つ変えずに小さなテーブルの向こうからジェニーを見ていた。「君が彼と結婚するべきではない理由がもう一つある」まるで裁判官のような口調で彼は言った。「結局のところ、君たちはお似合いなんだろう。君は一生いばり散らし、彼はもっともっといい人になる。どんな子供が育つか考えると、恐ろしいな」
 ジェニーは喉がつまった。「いばり散らすですって!」声を張りあげ、残りのサングリアをごくりと飲む。この腹立たしい男性の前から一刻も早く立ち去りたかった。「私はいばり散らしたりしないわ。それに、子供たちはきっととてもいい子で……」
 教授がうなずいた。「父親がまともならね」
 ジェニーは飲みほしたサングリアにむせ、教授に背中をたたいてもらわなくてはならなかった。目に涙がたまり、顔が紫色になった。
「そんなに興奮したらだめだ」教授が親切に忠告した。「それに、そんなに勢いよく飲み物を飲んではいけないよ」
 ジェニーは呼吸を整え、ゆっくりと息を吐き出した。「憎らしい人ね。私は興奮したりしないわ、あなたがわざといらだたせない限りは」
「なあ、ミス・レン、僕は誰よりも温厚で――」
「よく言うわ。あなたはひどく気むずかしくて、私をいらだたせようと固く心に決めているのよ」
 教授の驚いた顔は傑作だった。「僕が? 君をいらだたせる? だが、気むずかしいのは認めよう。誰にでも欠点はあるものだ」彼は穏やかに言った。「もう一杯サングリアをどうだい?」
 ジェニーはつんとして答えた。「いただくわ、ありがとう」
 教授はにっこりした。「仲直りかい?」そして、ジェニーの返事も待たずに次から次へととりとめのない世間話を続けた。ほとんどあいづちを打つ必要さえない話だったが、たとえ口をはさみたいと思っても、その隙はなかった。しばらくして彼はふいに話をやめた。「そろそろ昼食の時間だな。船まで送るよ」
 二人はタクシーで船まで戻った。タラップの下で教授が気さくにさよならを言うと、ジェニーはどういうわけか腹が立った。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。