マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説業界人

美・MENSパーティ「この美メン、マニアックにつき」【書下ろし番外編付き特別版】

美・MENSパーティ「この美メン、マニアックにつき」【書下ろし番外編付き特別版】


発行: イースト・プレス
レーベル: アズ・ノベルズ シリーズ: 美・MENSパーティ
価格:850pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 ★電子書籍だけでしか読めない書下ろし番外編収録!★
 俺をもっと噛みましょう!
 宮瀬靖成は老舗ホテル、ウォルサムのレジデンスコンシェルジュ。レジデンスの住人で六歳になる少年、ダニエルの虫歯治療のため、契約しているクリニックにつき添うことになったが、担当歯科医の須賀瑞希はそんな靖成の“歯”に一目惚れ。
 偶然にも鉢合わせたとあるパーティの会場でついにその思いを爆発させた瑞希から、靖成は「寵愛歯リスト入り」を宣言されたあげく、その後も会うたびに口説き倒され……。

※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

目次

 美・MENSパーティ この美メン、マニアックにつき
 《書下ろし番外編》Only One

抄録

 「今度、千博の恥ずかしい話も聞かせてあげます」
「別にいいよ」
「そうですか? でも、宮瀬さんが妬くなんて意外でした」
「……僕自身が一番驚いてる」
「ふたりで嫉妬し合って、けっこう相思相愛だし」
 言ってくれるなと羞恥で眉をひそめるも、彼はどこ吹く風といった顔つきだ。これで正式につきあえると笑い、再度の呼称変更を申し立てる。
「俺は瑞希で。宮瀬さんのことも、下の名前で呼ばせてください」
「こだわるね」
「レジデンスの客が気軽に呼んでるのが羨ましかったんですよ。恋人になれたら、連呼しようって決めてました」
「一度呼べば充分だから……!?」
 苦笑を漏らした靖成の唇が、不意打ちで奪われた。
 突然のキスで、さすがにぎょっとする。触れるだけで離れたが、また啄ばもうとされて抗いつつ文句をつけた。
「須っ……瑞希。こういう行為は、ちょっと……」
「嫌ですか?」
「いや。その……いきなり、大胆すぎないかな」
「舌を入れたり、俺の愛すべき切縁を確かめるように歯を一本残らず舐め回したりとか、まだしてませんけど?」
「舐……」
 序の口以前のレベルなのにと不思議そうに言われた。
 歯変態の本領を如何なく発揮され、ひどい眩暈を覚える。だいいち、靖成は精神的に諸々整理できていない状態だ。
 予期せぬ心情の吐露と余儀ない宗旨替えで、感情が追いついていなかった。
 嫌ではないが、日をあらためてと告げる間際、須賀が熱っぽく呟く。
「というか、今すぐあなたを抱きたい」

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。