マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

真実の代償

真実の代償


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 明かされた真実を頭では理解できても、心で受け止めるのは難しかった。

 ■今後の仕事のやり方について考えるため、生まれ故郷のマン島に戻っていた人気歌手のトーリーは、友人のマディソンに頼まれて、彼女の兄を空港まで迎えに行った。到着ロビーで名前を書いたボードを掲げて立っていると、百八十センチはかるく超える男性が目の前に現れた。「ジョナサン・マクガイアーだが」日に焼けた男らしい顔立ち。広い肩に引き締まった体。はっとするほど魅力的なのに、ひどく無愛想でそっけない。家まで送ったものの、トーリーは彼の態度にだんだん腹が立ってきた。なんて尊大で失礼な人なの! だがそういった振る舞いは彼がかかえている悩みのせいだった。トーリーはなんとか力になろうとするが、彼の心の壁は厚く……。

抄録

「ありがとう」目の前にコーヒーのマグカップが置かれた。
「きみが誰なのかを考えたらボーンチャイナで出すべきところだろうが――」
「もうやめてくれない?」うんざりして言い、瞳を深いブルーにきらめかせた。「うちの農場を見たでしょう。そんなんじゃないのよ。ほら、日曜にはあなたに料理だって作ったわ」
 ジョナサンは口元をこわばらせて向かいに座った。「すごいよ、きみは」皮肉をそのままぶつけてくる。
「あなたに比べたらはるかに親切にしてきたのよ」とうとう声を荒らげた。
「そうだな」彼は考えてから答え、穏やかに話題を変えた。「この間のライブはどうだった」
 トーリーはもう一度きっとにらみつけた。興味もないくせに。興味があれば、あんなふうには帰ってないはずよ。
「自分で見たら」父親から借りてきた新聞の一面を後ろポケットから抜きだして、ジョナサンの前にほうった。
 写真とともに載った記事を読み進むうち、ジョナサンの表情が徐々に変化していった。軽蔑から眉根を寄せた真剣な表情へ、そして怒りへ!
 トーリーは彼の怒りが言葉に変わるのを待った。
 ジョナサンはいきなり席を立ち、手に持った新聞にもう一度目を走らせた。「けっこうな記事だ!」ようやく紙面から顔を上げた。「感激だね!」テーブルに新聞を投げつけ、体の脇でこぶしをわなわなと震わせる。
 トーリーは感情を抑えた。「わたしは――」
「やめてくれ、ビクトリー」硬い声が言う。「何も、ひと言だってしゃべるな。でないとぼくは、考えるより先にきみの首を絞めてしまう」
 同じことをさっきトーリーも想像した。が、今の彼は本気で手を出しかねない。
 はたから見ればトーリーが故意にしたことと見えるだろう。しかし、こんなふうにプライバシーを侵害されて喜べないのは彼女も同じだった。
 ところが、目の前にあるのは険悪な光を帯びたグレーの瞳に、引き結ばれた唇、歯を食いしばった怒りの表情で、彼がトーリーの気持ちを斟酌している様子はこれっぽっちも見られない。
「わたし――」
「しゃべるなと言ったんだ、ビクトリー」ジョナサンが噛み締めた歯の奥から言葉を吐きだした。「忠告はしたぞ。もう二度目だ」言うと同時に荒々しくトーリーを引っ張って立ち上がらせる。
 さっと胸に抱き寄せられた。圧迫されて息が苦しい。それでなくとも息はできなかったろう。激しく唇を奪われていては!
 わたしはジョナサン・マクガイアーにキスをされている!
 完全に。
 徹底的に。
 軽蔑をこめて!
 顔をそらして唇を離した。容易な行為ではなかった。なにしろ彼の筋肉という筋肉、筋という筋が意識できるほど強く抱き締められていたのだ。
「やめて」鋼の強さで拘束する腕は、押してもびくともしない。「ジョナサン……」
「ぼくは何もやめないよ、ビクトリー……」
「わたしはトーリーよ」
 彼の拘束がさらに強まった。「きみはビクトリー・キャナンだ。なぜ気づかなかったのかと思うよ」トーリーを見下ろし、自分へのいらだちに首を振る。「ずっと前からきみの活躍は新聞で読んでた。いかれたパーティや男性遍歴や――」
「あの真実が半分の記事を見れば――」トーリーはキッチンのテーブルを示した。ジョナサンがさっき怒って新聞をほうりだした場所だ。「ほかの記事の信憑性についても想像がつくでしょう?」
 そう、確かにパーティにはいくつも参加した。パーティで金持ちや有名人と肩を並べるのはイメージ戦略の一つだ。男性とのつき合いもある。が、それはジョナサンの考えているような関係ではない。今の生活で恋にさける時間などない。本気でつき合ったのはルパートが最後だ。この二年はパーティのエスコート役が次々と現れただけ。全部人目を意識したお飾りで、それ以外の意味はなかった。
 トーリーが脱ぎ捨てたいと思うのが、まさにジョナサンが今話しているイメージだ。
 しかし怒りに満ちたその顔を見れば、彼が聞く耳を持っていないとわかる。トップの座にいる寂しさを説明しても、彼は信じないだろう。
 六年前、成功して有名になりたいとロンドンに出たころなら、トーリー自身信じなかったと思う。あのころは、成功と引きかえに支払わなければならない個人の代償について何も考えていなかった。
 つらい思いをしてようやく気づいたが、ルパートにとって、トーリーは彼自身が成功するための単なる道具にすぎなかった。
 ほかの男たちにとっては、彼女はちょっとの間、連れまわして自慢する戦利品だ。真のトーリーの姿など彼らにはなんの関心もない。
 しかしジョナサンは――こけにされたと信じて憤っているジョナサンは、そんな話などとうてい聞いてくれそうにない!
 彼は見下すようにトーリーを見つめた。「半分でも真実なら十分だ!」
 表面だけ見れば全部真実だった。しかし実のところどれも真実ではなかった。トーリーの孤立感や寂しさは記事からはわからない。歌の仕事が入っていないかぎり、毎夜高級マンションに一人で帰ること。それに、プライベートを楽しめたのははるか過去の話だ。部屋での孤独で静かな時間が延々と、毎晩続くことも記事からは何もわからない。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。